公務員(大卒)試験案内

outline

国家公務員 外務省専門職員

外務省「採用情報」

仕事の内容

おおむね5~6年ごとに本省勤務と在外公館勤務を繰り返し、専門とする語学のみならず、当該語学と関連する国・地域の社会、文化、歴史等にも通じた専門家、あるいは経済、経済協力、条約等の分野の専門家として活躍することが期待されている。この間能力及び勤務成績に応じて昇進し、優秀な者については幹部への道も開かれている。

受験資格

  • i ) 21歳以上30歳未満の者
  • ii ) 21歳未満の者で次に掲げるもの
    • ア 大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
    • イ 短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び試験年度の3月までに短期大学又は高等専門学校を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
  • (注)年齢は、各試験年度の4月1日におけるものとする。

ページトップへ

試験の内容

試験 試験種目 解答題数
解答時間
内容
第1次試験 基礎能力試験
(多肢選択式)
40題
2時間20分
  • 知能分野 27題
  • 知識分野 13題
専門試験
(記述式)
6題
2時間
  • 選択問題
  • 次の3科目(各3題)から、科目ごとに任意の2題を選択し、計6題解答
  • 憲法
  • 国際法
  • 経済学
外国語試験
(記述式)
4題
2時間

和文外国語訳2題及び外国語和訳2題

以下の中から1カ国語を選択

  • 英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、アラビア語、ペルシャ語、ミャンマー語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、中国語、朝鮮語
時事論文試験 1題
1時間30分
時事問題についての筆記試験
第2次試験 人物試験   個別面接(2回)及びグループ討議(参考として性格検査を実施)
外国語試験
(面接)
 

1次試験で受験した外国語で実施

身体検査   胸部X線撮影などを含む一般的な身体検査

(注)人物試験において一定の基準点に達しない者は、他の科目の成績いかんにかかわらず不合格。

DATA

平成28年度 外務省専門職員 実施結果
申込者数 第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
最終
合格者数
倍率
401 271 105 54 5.0

合格の決め手は生講義!公務員、教員等の採用試験、看護師、管理栄養士等の国家試験対策講座・予備校である東京アカデミーは、DVDやWEB講義のような一方通行の講義でなく、受講生の理解度を確認しながら講義を進めていけるため、理解度は抜群です。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2019 新教養試験攻略ゼミ

2019年度試験対策講座受付中

公務員模試受付中

2019公務員模試 学校団体受験のご案内

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ