公務員(大卒)試験案内

outline

国家公務員 法務省専門職員

人事院「国家公務員試験採用情報NAVI」

試験の区分

矯正心理専門職A(男子)、矯正心理専門職B(女子)、法務教官A(男子)、法務教官B(女子)、保護観察官

仕事の内容

【矯正心理専門職】
心理学の専門的な知識・技術等をいかし、非行を犯した少年や刑事施設に収容されている受刑者を対象に、主に次のような職務に従事する。
1 少年鑑別所に勤務した場合
家庭裁判所から送致された少年について、面接や心理検査等を通じて、知能や性格等の資質上の特徴、非行に至った原因、今後の処遇の方針を明らかにするという鑑別に従事する。
また、一般の方々(保護者や学校関係者等)からの非行や不良交友、しつけの問題等に関する心理相談にも応じる。
2 刑事施設に勤務した場合
面接や心理検査等を通じて、受刑者の資質を調査し、刑事施設収容中に達成させるべき目標、矯正処遇の内容等を設定するほか、改善指導の実施等の業務に従事する。また、受刑者に対するカウンセリング等も実施する。
【法務教官】
専門的な知識・技術と懇切で誠意のある態度をもって、少年院・少年鑑別所に収容されている少年や刑事施設に収容されている受刑者を対象に、主に次の職務に従事する。
1 少年院に勤務した場合
少年院に収容されている少年に対し、健全な心身を培わせ、社会生活に適応するのに必要な生活態度等を習得させるため、生活指導、職業指導、教科指導その他の矯正教育を行うほか、円滑な社会復帰につなげるための支援等に従事する。
2 少年鑑別所に勤務した場合
主に、家庭裁判所から送致された少年について、身柄を保護し、その資質の鑑別に役立てるため、面接や行動観察等を実施するほか、相談助言の業務等に従事する。
3 刑事施設に勤務した場合
受刑者の改善更生の意欲を喚起し、社会生活に適応する能力の育成を図るための改善指導及び教科指導に関する業務などに従事する。
【保護観察官】
地方更生保護委員会や保護観察所に勤務し、心理学、教育学、福祉及び社会学等の更生保護に関する専門的知識に基づき、社会の中において、犯罪をした人や非行のある少年の再犯・再非行を防ぎ改善更生を図るための業務に従事する。
1 地方更生保護委員会に勤務した場合
刑事施設からの仮釈放や少年院からの仮退院に関する審理のために必要な調査等に関する事務に従事する。
2 保護観察所に勤務した場合
家庭裁判所で保護観察処分を受けた少年や仮釈放者等を対象とする保護観察、矯正施設被収容者の出所後の生活環境の調整等の業務に従事する。

ページトップへ

受験資格

【矯正心理専門職】
i ) 試験年度の4月1日における年齢が、21歳以上30歳未満の者
ii ) 試験年度の4月1日における年齢が、21歳未満の者で次に掲げるもの
ア 大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
イ 人事院がアに掲げる者と同等の資格があると認める者
【法務教官、保護観察官】
i ) 試験年度の4月1日における年齢が、21歳以上30歳未満の者
ii ) 試験年度の4月1日における年齢が、21歳未満の者で次に掲げるもの
ア 大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
イ 短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び試験年度の3月までに短期大学又は高等専門学校を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者

ページトップへ

試験の内容

試験 試験種目 解答題数
解答時間
配点比率 内容
矯正心理
専門職
その他の
区分
第1次試験 基礎能力試験
(多肢選択式)
40題
2時間20分
2/11 2/10

公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験

  • 知能分野 27題
  •  文章理解 11題
  •  判断推理 8題
  •  数的推理 5題
  •  資料解釈 3題
  • 知識分野 13題
  •  自然・人文・社会(時事を含む) 13題
専門試験
(多肢選択式)
40題
2時間20分
3/11 3/10

法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験

【矯正心理専門職区分】
60題出題 40題解答

  • 必須問題
  •  心理学に関連する領域 20題
  • 選択問題
  • 次の40題から任意の計20題選択
  •  心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎
  •  心理学 10題
  •  教育学 10題
  •  福祉 10題
  •  社会学 10題

【法務教官区分、保護観察官区分】
40題出題 40題解答

  • 心理学、教育学、福祉及び社会学に関する基礎
  •  心理学 10題
  •  教育学 10題
  •  福祉 10題
  •  社会学 10題
専門試験
(記述式)
1題
1時間45分
3/11 3/10

法務省専門職員(人間科学)として必要な専門的知識などについての筆記試験

【矯正心理専門職区分】

  • 心理学に関連する領域 1題

【法務教官区分、保護観察官区分】

  • 選択問題
  • 次の領域から1題ずつ計4題出題、任意の1題選択
  •  心理学に関連する領域
  •  教育学に関連する領域
  •  福祉に関連する領域
  •  社会学に関連する領域
第2次試験 人物試験   3/11 2/10 人柄、対人的能力などについての個別面接
(矯正心理専門職区分:心理臨床場面において必要になる判断力等についての質問も含む)
(参考として性格検査を実施)
身体検査
[矯正心理専門職区分、
法務教官区分]
  主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿、眼・聴器その他一般内科系検査
身体測定
[矯正心理専門職区分、
法務教官区分]
  視力についての測定

(注)第1次試験の合格者は基礎能力試験及び専門試験(多肢選択式)の結果によって決定。専門試験(記述式)は第1次合格者を対象に評定した上で、最終合格者の決定に反映。
「配点比率」欄の※は、合否判定のみ。

ページトップへ

DATA

平成28年度 法務省専門職員(人間科学) 実施結果
試験の区分 申込者数 第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
最終
合格者数
倍率
矯正心理専門職A(男) 166 124 105 57 2.2
矯正心理専門職B(女) 226 163 106 56 2.9
法務教官A(男) 1,180 863 323 183 4.7
法務教官B(女) 396 313 103 64 4.9
法務教官A(社会人・男) 142 73 29 12 6.1
法務教官B(社会人・女) 47 29 13 8 3.6
保護観察官 429 293 86 55 5.3
合計 2,586 1,858 765 435 4.3

ページトップへ

平成28年度 法務省専門職員(人間科学) 第1次試験の平均点等(人事院発表)
区分 基礎能力試験 専門試験(多肢選択式)
満点 基準点 平均点 標準偏差 満点 基準点 平均点 標準偏差
矯正心理専門職A(男) 40 12 15.391 4.786 40 12 19.870 6.695
矯正心理専門職B(女)
法務教官A(男) 14.410 6.691
法務教官B(女)
法務教官A(社会人・男)
法務教官B(社会人・女)
保護観察官

合格の決め手は生講義!公務員、教員等の採用試験、看護師、管理栄養士等の国家試験対策講座・予備校である東京アカデミーは、DVDやWEB講義のような一方通行の講義でなく、受講生の理解度を確認しながら講義を進めていけるため、理解度は抜群です。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2017年度試験対策Uターン受験セミナー/短期講習

2018年度試験対策講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ