公務員(大卒)試験案内

outline

地方公務員 消防官(大卒程度)の仕事・試験概要

仕事の内容

【指令業務】
消防隊・救急隊の出動指令をかけ、また、災害現場の情報の伝達を行います。
【消火業務】
消防車両やヘリコプターを活用して人命や財産を守る、消防と聞いて最も連想しやすい業務です。
【救助業務】
レスキュー隊が交通事故現場や火災現場において人命救助に当たります。
【救急業務】
救急隊員が応急処置や救命措置を行い、医療機関に患者を搬送します。
【火災予防業務】
建築物の消防設備設置の審査や防火指導を行う業務です。
【指導・広報業務】
避難や消火訓練等の指導、防災意識の周知徹底のための広報活動を行います。
【火災原因・損害調査業務】
火災の発生原因等を究明し、火災予防に役立てる業務です。
大卒程度採用者の場合、現場よりも事務系の業務に携わることが多いです。

ページトップへ

INFORMATION

【受験資格】
消防官試験の受験資格には①年齢制限(同一市町村の事務職より若干低めが多い)と②学歴資格、の2つが設けられていることが多いです。ただし、小規模な町村などでは高卒・短卒・大卒を一括して採用試験を実施することもあります。
【受験受付期間/試験日/発表日】
消防官は東京消防庁以外、行政職の市町村職員試験と同一の日程で実施されることが多く、その場合は同じ市の事務職と消防職を併願することはできません。ただし、事務職とは別日程で行う消防職試験も少数ですが存在します。情報には敏感に!
《試験日》※年度・自治体により異なる場合があります。
政令指定都市…6月第4または第5日曜日 その他市町村…7月~10月
【合格から採用まで】
試験に合格すると採用候補者名簿に記載され、欠員状況を考慮の上、採用されます。採用されると全寮制の消防学校に入校し、数ヵ月間消防官として必要な教育を受けた後、各消防署などに配属されます。
【消防学校(東京消防庁の場合)】
採用後、全寮制の消防学校に入校し、6~9ヵ月間(採用区分によって異なる)の初任教育を受け、講義・実習や集団生活を通して消防官としての知識・技術・規律を身につけます。初任教育以外にも、消防学校では職員の研修・資格取得のための養成課程など、消防官への様々な教育を行っています。
消防学校の一日(例)
6:40 起床
6:50 点呼・体力錬成
7:15 舎室清掃・朝食
8:30 朝礼・訓練礼式
9:00 授業(1~3限)
12:00 昼食(昼休み)
12:45 訓練準備
13:00 授業(4~7限)
17:15 自由時間(入浴・夕食など)
22:00 点呼
22:05 自由時間
23:00 就寝

複数回の受験チャンスアリ!東京消防庁

消防業務は市町村単位が原則ですが、東京消防庁のみ都のほぼ全域をカバーしています。東京消防庁の試験では、Ⅰ・Ⅱ類の試験を受験できます。しかも例年Ⅰ類試験は複数回の試験を実施していますので、例えば5月試験が不合格だとしても8月試験で雪辱を期す、ということも可能です。採用数も多く、是非狙ってほしい試験の1つです。

ページトップへ

試験の構成

【第一次試験・第二次試験】
教養試験、作文試験、適性(性格)検査、消防適性検査、面接試験、身体検査、体力検査、などが実施されます。試験の構成は市町村ごとに若干異なります。一部、教養試験のほかに専門試験を課す地域もあります。

ページトップへ

傾向と対策

教養試験

1次試験科目は公務員試験の必須科目である「教養科目(一般知能・一般知識)」のみが課されるところが多い傾向にあります。問題自体は同一試験日の行政職試験と同じ場合が多いので、志望する市町村の過去問には目を通しておきましょう。また、少数ですが、1次試験で教養試験に加え専門試験を課す自治体もあります。その場合は、事務職と同じ問題で、非常に幅広い科目から出題されますので、行政系希望の人と同じ科目・レベルの対策を立てる必要があります。 
[例]東京消防庁Ⅰ類(平成26年度データ)

一般知識 一般知能













 

 

 

 

 

 















7 1 1 1 1 5 3 3 3 6 4 4 3 3 45
適性検査
クレペリン検査と性格検査を行うところが多いです。
消防適性検査
適性検査とは別に消防適性検査を行う場合があります。
以下は消防適性検査の一例
消防適性検査は、消防適性A・Bの2 種類があり、A・Bの両方または片方が実施されます。
消防適性Aは、簡単な質問に対し、好き⇔嫌い、はい⇔いいえで答えるものです。(質問例)どちらかと言うと積極的だ。人の世話が好きである。
消防適性Bは、3 種類の図形の検査からなり、各30 問をそれぞれ5分程度で答える形式です。検査では、①立方体を積み重ねた図形があり、その図形に何個の立方体があるかを確かめる。②絵があり、一部の絵に印が付いている。印が付いた絵の共通点を見つけ、選択肢から共通点に該当する適切な絵はどれかを選ぶ。③丸い円を様々な形に切り離して、選択肢のどの図形を使えば丸い円になるか。といった3 種類の質問をされます。
面接試験
「部活動について」「趣味は何か」「休日の過ごし方について」のような一般的な質問のほかに、「消防官に必要なものは何か」「消防官の使命は何か」のような消防官についての知識や専門的な内容についても問われます。また、「なぜこの地域の消防を志望するのか」といった非常に具体的なことも質問される場合があるので、十分対策を練る必要があります。
論文試験
【課題例】
「今までの人生で目標にどう取り組み、どのように努力したかを述べよ」
「行政の効率化と住民サービスの両立について」
「社会人としての倫理観について述べた上で、公務員としての倫理観と、今後あなたがどう行動するのかを述べよ」
「社会人としての決意」
「マイナンバー制度のメリットとデメリットについてあなたの考えを述べよ」
身体検査・体力検査
握力(身体検査で実施される場合もある)・上体起こし(腹筋)・腕立て伏せ・反復横跳び・立ち幅跳び・垂直跳び・20mシャトルラン・バーピーテストなど。
体力検査とは別に、身体検査(要件)が男性・女性別にあります。この際に身体基準に適合しているかどうかも確かめます。
東京消防庁では以下の通りです。
【身長】男子:おおむね160cm以上、女子:おおむね155cm以上
【体重】男子:おおむね50kg以上、女子:おおむね45kg以上
【胸囲】身長のおおむね2分の1以上
【視力】視力(きょう正視力を含む)が両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること。なお、裸眼視力に制限はなし。また、赤色、青色、黄色の色彩の識別ができること。
【聴力】正常であること(オージオメータによる純音聴力検査を実施)
【肺活量】男子:おおむね3,000cc以上、女子:おおむね2,500cc以上

合格の決め手は生講義!公務員、教員等の採用試験、看護師、管理栄養士等の国家試験対策講座・予備校である東京アカデミーは、DVDやWEB講義のような一方通行の講義でなく、受講生の理解度を確認しながら講義を進めていけるため、理解度は抜群です。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

官庁・自治体説明会

地方公務員受験セミナー/短期講習

2018年度試験対策講座受付中

2018年公務員模試

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

公務員(大卒) SNS

sns

ページトップ