合格システム

strength

的中問題

模擬試験、テキストで使用される問題が本試験でも多数出題(類似問題)されています。長年、本試験問題を収集し、しっかり分析を重ねた結果の答えだと自負しています。これは当社の自慢のひとつでもあります。
ここでは、みなさんに的中問題を紹介いたします。ほぼ、同じ問題から問われ方が異なるだけの問題、解答の選択肢が同内容の問題・・・と様々な形態で的中が見られます。「あっ、ほとんど同じだ!」「なかなかやるじゃん」など、色々なご感想があるかと思いますが、ひとつ楽しんでご覧ください。
最後に、東京アカデミーでは的中問題を多く含むテキストを使用して生講義の通学講座を開講しています。きっと、各試験合格への早道になると思いますので最寄りの校のページをご覧ください。

管理栄養士国家試験(第27回)

的中

問題25
  • 糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  • (1) グルカゴンは、グリコーゲン分解を抑制する。
  • (2) グルコース-6-ホスファターゼは、解糖系の律速酵素である。
  • (3) アセチルCoAは、ピルビン酸と反応してクエン酸回路に入る。
  • (4) グリコーゲンが加リン酸分解されると、グルコース1-リン酸が生成する。
  • (5) ペントースリン酸回路は、ペントースリン酸を分解するための代謝経路である。
直前テキスト③ 14
  • 糖質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
  • (1) ペントースリン酸回路は、クエン酸回路の側路である。
  • (2) グルカゴンは、グリコーゲン合成を促進する。
  • (3) α‐ケトグルタル酸は、グリコーゲン代謝の代謝中間物である。
  • (4) 細胞内のcAMP濃度の上昇により、グリコーゲンホスホリラーゼは活性化する。
  • (5) グリコーゲンの加リン酸分解による生成物は、フルクトース6-リン酸である。

ページトップへ

社会福祉士国家試験(第25回)

的中

問題66
  • 生活保護における各種の扶助に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
  • (1) 生活扶助には、基準生活費に当たる第1類費や第2類費のほか、各種の加算があり、うち、母子加算は、母子世帯のほか父子世帯も対象としている。
  • (2) 生活扶助は、個々人に必要な生活費としての側面もあるため、世帯員が複数の場合、個人に対して金銭が給付されるのが原則である。
  • (3) 教育扶助は、高校や大学での修学にも対応できるよう、義務教育終了後においても支給される。
  • (4) 医療扶助は、医療保険制度による指定医療機関に委託して行われ、現物給付を原則としている。
  • (5) 生業扶助は、現に就いている生業の維持を目的とするため、生業に就くために必要な技能の修得はその範囲に含まれない。
直前演習 午前問題② 問題33
  • 保護の種類と方法に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。
  • (1) 生活保護法による保護の対象は、困窮のため最低限度の生活を維持することのできないものに限られない。
  • (2) 生活扶助の第1類の経費には、地区別冬期加算が含まれる。
  • (3) 教育扶助には、専門学校以上の就学に必要な費用が含まれる。
  • (4) 介護扶助は、介護保険法に規定する要介護者に対してのみ行われる。
  • (5) 医療扶助では、金銭給付は行われない。

ページトップへ

介護福祉士国家試験(第25回)

的中

問題80
  • せん妄(delirium)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  • (1) 睡眠と覚醒のリズムは正常である。
  • (2) 意識レベルは清明である。
  • (3) せん妄中の出来事を覚えている。
  • (4) 薬剤によって生じることがある。
  • (5) 症状の変動は少ない。
実践問題集 P30 問題2
  • せん妄に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
  • (1) 意識は障害されるが、認知症を伴わなければ、精神状態は比較的安定している。
  • (2) 高齢者では、昼間に発症しやすいことが特徴的である。
  • (3) 発症はゆっくりであるが、意識混濁の度合いは変化しやすい。
  • (4) 医師から処方された薬剤が引き金となって発症することもある。
  • (5) 幻覚がある場合には、部屋の明かりはすべて消し、なるべく暗い環境を保つことが必要である。

ページトップへ

ケアマネジャー試験(第15回)

的中

問題60
  • 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(以下「高齢者虐待防止法」という。)について正しいものはどれか。3つ選べ。
  • (1) 高齢者虐待防止法で対象となる養介護施設には、有料老人ホームは含まれない。
  • (2) 市町村は、養護者の負担の軽減を図るため緊急の必要がある場合に高齢者が短期間養護を受けるために必要となる居室を確保するための措置を講じなければならない。
  • (3) 養護者による虐待で高齢者の生命又は身体に重大な危険が生じているおそれがある場合には、市町村長は、高齢者福祉に関する事務に従事する職員をして、当該高齢者の居所に立ち入り、必要な調査を行わせることができる。
  • (4) 市町村長は、養介護施設従業者等による高齢者虐待の状況やそれに対する措置等を、毎年度、公表しなければならない。
  • (5) 養介護施設従事者等は、業務に従事する施設内において虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合は、速やかにこれを市町村に通報しなければならない。
全国公開模擬試験 問題60
  • 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」について正しいものはどれか。3つ選べ。
  • (1) 高齢者の財産を不当に処分することは、この法律において高齢者虐待に含まれる。
  • (2) 市町村は都道府県が行う措置の実施に関し、都道府県相互間の連絡調整、国に対する情報提供その他必要な援助を行う。
  • (3) 都道府県知事は、養介護施設従事者等による高齢者虐待の状況やそれに対する措置等について、毎年度公表する。
  • (4) この法律で対象とする施設には、有料老人ホームは含まれない。
  • (5) 養護者による高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見した者は、高齢者の生命又は身体に重大な危険が生じている場合には、速やかにこれを市町村に通報しなければならない。

資料請求はこちらから

全国公開模擬試験

ケアマナジャー全国公開模試

イベントカレンダー

event calendar
 

資格試験(福祉系) SNS

sns

ページトップ