看護師(医療系)

静岡校講座案内

学校詳細

  • 〒420-0857 静岡市葵区御幸町11-30 エクセルワード静岡ビル3F
  • 054-273-6361

 

【看護国試】第109回看護師国家試験対策 無料 社会保障セミナー

 

第109回看護師国家試験対策 【今後の開講・実施のお知らせ】

★夏期講習
2019年夏開講予定
 

東京アカデミー静岡校では、夏期総合、夏期必修に加え、社会保障制度を夏期に実施予定です。
夏から社会保障に取り組むことで、生活の中で自然に国試対策の勉強ができるようになります。
押さえておくべきポイントやどのように理解したらよいか、暗記ではない社会保障制度の理解へと踏み出しましょう!

※詳細は5月末頃にホームページでご連絡致します。

 

★冬期講習&ザ・ファイナル
2019年冬開講予定
※詳細は10月中旬頃にホームページでご連絡致します。

第109回看護師国家試験対策 通学講座


土日部5月生は早期から学習習慣を身に付けることで、余裕を持って国家試験対策を行うことができます。本番前に「あれもこれも…」と大慌てすることもありません。得点力を身に付ける根拠に基づく講義によって、「解剖生理→疾患→看護」の流れを理解していきます。じっくり時間をかけて対策を行いたい方は5月生がオススメです。
土日部9月生は「実習が一段落したから通いたい」「模試の結果を見て学力の無さを痛感した」など、秋から本腰を入れて受験勉強に取り組みたい方向けのコースです。講義終盤には今後の国家試験でより狙われる「在宅」「老年」「看護の統合と実践」も取り扱います。

 


詳細はこちらよりご覧ください。
(案内書がPDFで開きます。)




    

【看護国試】2025年問題から予想される国家試験の出題変化

 

医療の道を志す看護学生でしたら、どこかで耳にしたことがある「2025年問題」。「2025年」は戦後の世代として最もボリュームの厚い団塊の世代が全員、後期高齢者(75歳以上)に達する年で、下記のように、医療の現場においてさまざまな問題が生じると予測されています。

厚生労働省が現在、大きな政策転換として進めているのが、従来の「病院完結型」から医療・ケアと生活が一体化した「地域完結型」の体制へのシフトです。2025年を目途に、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。病院より多様な生活状況である自宅や地域において活躍する看護師は、1人で判断・対応する場面が多く、個別性も高いことから、より総合的な看護が必要となります。そのため、看護師国家試験では、幅広い知識が問われると同時に、あらゆる状況での対応について難度の高い出題が予想されます。

そして、後期高齢者は複数の疾患を有する場合が多く、生活習慣病の慢性化や認知症、障害など、1人の患者が抱える健康問題に複雑さが増すことが懸念されます。そのような患者に看護を提供するには、複数分野の知識を統合して、患者の価値を尊重しながら優先順位や方法を判断する力が必要となることから、今後複合的な出題が増加することが見込まれます。
   

また、「病院完結型」から「地域完結型」の体制にシフトすることで、2025年には病院の病床数が現在より10%減少することが見込まれています(「医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会」第1次報告より)。そのため、①病床数の減少により看護師の病院就職のハードルが高くなる②在宅医療の現場では高いスキルが求められる、の2点から、今後は看護師の世界も淘汰されていくと考えられます。「資格さえあれば安泰」という時代は間もなく終わります。


以上のことから、東京アカデミーの通学講座では、人体・疾病といった最重要科目の理解にとどまらず、今後ウエイトが高まると予想される「在宅」「老年」「看護の統合と実践」にも注目し、講義を展開していきます。

資料請求はこちらから

講座申込はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2019看護師模試

2019看護師・保健師模試 学校団体受験のご案内

2019理学・作業療法士模試 学校団体受験のご案内

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ