公務員(高卒)

町田校講座案内

学校詳細

  • 〒194-0022 東京都町田市森野1-22-14 小田急シティビル町田4F(旧ビル名:千代田生命町田ビル)
  • 042-721-5001

【高卒程度公務員】受講生サポート

複雑な試験制度・対策も、通学講座なら「わかる!」

公務員試験と一口に言っても、その制度は受験先ごとに異なるため、対策していく中で不安に思うことも多いはず。東京アカデミーの通学講座は、進路の決定・試験情報の説明・筆記試験対策・面接指導まで、隙のないサポートが特徴です。試験のプロによる指導と豊富な情報が自慢の東京アカデミーで、貴方も頑張ってみませんか?

自治体研究

 

自己分析

受験先を詳しく知ると面接での受け答えが具体的になり、合格はぐっと近づきます。また、受験先をしっかり考えると、学習意欲も高まります。東京アカデミーは皆さんと一緒に「何を目指すか」から考えます。

 

志望動機と自分の特徴(長所)を上手く結び付けた説得力あるアピールの準備は、出願書類の準備や面接で必要不可欠。個別相談や面接カードの添削を通じて、皆さんと他の受験生との「違い」を考えます。

プレゼン力

 

学習方法

面接試験は内容だけの勝負ではありません。「第一印象」や「発言力」はそれ自体が評価基準です。力強く試験官の質問に答えられるよう、ガイダンスでの説明と実践練習で、皆さんのプレゼン能力を磨きます。

 

模試やガイダンス、基礎から演習へステップアップする講義があるため、自分で全ての学習計画を立てなくても対策を進められます。個別の科目・分野でつまづいたときも、その都度講師が質問に答えます。

出題内容

 

試験情報

東京アカデミーは試験ごとに異なる出題傾向も調査しています。公開されている過去の本試験について閲覧できるだけでなく、受験生に聞き取りを行い作成した非公開試験の「復元問題」があり、教材にを反映しています。目指す試験の最新情報をすぐに見られることが、東京アカデミーの強みです。

 

地方公務員試験は自治体ごとに実施され、細部に違いが多く調べにくいのが特徴です。東京アカデミーでは過去の試験情報をまとめて配付しており、受講生が情報収集に長い時間をかける必要がありません。各校では周辺自治体の情報を常に追いかけている上、全国ネットワークで遠方の試験情報もお渡しできます。

 

【高卒公務員】通学講座

 
 6コースの中で最も多い講義時間を使い、じっくりと学習。

・昼間部 :1月22日(月)開講
・高3生部:1月21日(日)開講
※基礎力養成期間は平日夜間実施です

・高2生部:1月21日(日)開講

 

・土日部 :1月21日(日)開講
※町田校では夜間部の開講はありません

・一般知能限定コース:1月21日(日)開講
※町田校では日曜実施です。

独学で公務員試験を目指す方が苦手科目に絞って予備校で学習したいといった場合には、ご自身の受講したい科目だけを選べる「単科受講」がございます。詳しい日程については、申込をご検討中の校舎に直接お問い合わせください。 

※単科受講の方の自習室利用は講義の実施日当日に限ります。
※単科受講の方は、自習室利用以外の通学講座サポートはをご利用できません。
※単科受講の方は、上記「6.一般知能科目限定コース」との併用はできません。

 

 

【高卒程度公務員】開講前無料イベント・ガイダンス

ライバルに差をつけるために、早期から情報収集!
本イベントでは、検討をする方が抱く3つ疑問を解消する内容を盛り込んだイベントを実施します!
①予備校と専門学校の違いって何だろう?
②公務員試験ではどんな科目が出題される?試験傾向は?
③合格したOB・OG生はどのような学習をしたのだろう…?
当日は東京アカデミーに通学して合格した方から直接体験談を聞きけるチャンス。この機会に是非東京アカデミーにお越しください!(親御様もぜひご一緒にご参加ください。)
10月15日(日)
10:00~12:00
 町田校:042-721-5001
 ※実施日の前日までにお電話にてお申込ください。
無料イベントでスタートから一歩先へ!
公務員試験の学習で重要視されやすい内容をイベント・ガイダンス形式で実施します。
受講をご希望の方は町田校までお問い合わせください。

11月26日(日)
10:00~11:00

公務員試験
傾向分析と人物試験対策ガイダンス

公務員試験では、取扱う試験科目はおよそ21科目。筆記試験での割合では、高校までに学んだ「一般知識分野」と公務員試験ならではの「一般知能分野」がほぼ半数ずつ。本試験の出題数では40問から50問です。
本試験で1問にかけられる時間もわずかです。
効率よく学習をスタートするためには、過去に出題されていたそれぞれの試験科目の傾向や、出題内容、作文試験のなどに触れ、出題分野の必要な情報を早めに知ることがることが、とても大切です。
さらに、公務員試験は「就職試験」です。当然のことながら『面接試験』は避けられません。筆記試験合格から面接までの平均倍率はおよそ3倍。また、一例として横浜市事務職では2次試験440満点中面接は300点と約7割を占めます。最新の質問例を示しながら、面接の特徴までご案内いたします。
12月17日(日)
10:00~11:00
「数的推理」の攻略!
「中学数学」でもできる解法と攻略ポイント
筆記試験の中で「一般知能分野」の出題の代表格といえば「数的推理」。教養試験の全体の出題数(40~50題)のうち、この分野はおよそ1割を占め、おもに食塩水の濃度、割合、速さ、確率といった中学時代や高校で学んだ数学の知識の応用問題から出題されます。
東京アカデミーで例年実施している国家公務員試験の試験分析データでは、全40問中4問と出題率は高い分野でも、受験生の正答率は2割~4割台と低い数値です。
このイベントでは、数学の知識はもちろん、算数の知識を応用させたり、見方を変えた考え方で解く方法をご案内いたします。
1月14日(日)
10:00~11:00
「時事ネタ」から分かる!
経済と政治分野の攻略ポイント!
「一般知識分野」では教養試験の全体の出題数(40~50問)のうち、この分野はおよそ1割を占め、『公務員なる』ための試験科目として欠かせないのが「政治・経済」(社会科学)分野。高校3年生で学習する分野であり、履修科目として扱っていない高校も3割程度あるので、学習していない方もいらっしゃるかもしれません。
実は、高校でまだ学習できていない場合でも、普段のニュースなどから出題される時事分野で解ける問題があります。
例えば、昨年の試験では18歳以上の選挙権による選挙などが出題され、身近な税金の問題から、日本の金融システムに関する出題など、日常の話題から読み解く方法をご案内いたします。

また、いずれのイベントにおいても終了後は個別相談会を実施いたします。公務員試験に関するご相談やご質問にお答えしますので、ぜひご参加ください!

 

 

面接試験対策講座<模擬面接指導>~50周年special企画~

 

本講座では今年度の公務員試験を受験される方を対象に、東京アカデミーが長年に渡り培ってきた面接試験対策のノウハウともとに受験先に応じた模擬面接を実施いたします。「面接試験が苦手で・・・」という方や「面接試験の対策をまだできていない」という方は、最後の追い込みとしてぜひご活用ください。

公務員 面接 模擬面接 指導

 ←詳細は、画像をクリックしてご覧ください。
 ★対象者★
 1次試験合格者
 ※実際の合格先の模擬面接指導となります。

 ★実施期間★
 第1ターム:2017年5月~8月末
 第2ターム:2017年9月~12月末

 ※上記期間内で、ご希望の日時に模擬面接を実施します。

 ★実施時間★
 1回60分(模擬面接+講評)

 ★定員★
 1校舎・1タームにつき、各15名

 ★受講料(税込)★
 1回につき5,000円 ※1人最大3回まで受講可能です。

★申込方法★
画像をクリックして案内リーフ・申込書(pdf)をダウンロードし、模擬面接をご希望の校舎にて申込書の提出・受講料のお支払・模擬面接日時予約をお願いいたします。なお、お茶の水校では実施いたしません。
※お電話・インターネットでのお申込みは承っておりません。
東京アカデミーの2017年度公務員試験対策 通学講座の受講生の方は無料・回数無制限で模擬面接を行いますので、申込不要です。

→町田校でのタームⅠ講座は、定員に達したため締切ました。【7/10現在】

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ