公務員(高卒)

松山校講座案内

学校詳細

  • 〒790-0005 松山市花園町1-3 日本生命松山市駅前ビル4F
  • 089-947-6605

 

  2017s-top2

ひとりひとりの志望先や、受験経験の有無などをお聞きし、希望に沿ったお話をさせて
いただきます。入会者の多くの方が、この受験相談会が参考になったとアンケートで回答しています。
まずは、お気軽に個別相談会をご予約ください。

IMG_3307

5月

27日 15:00~16:00
6月 

3日

15:00~16:00
 

11日

15:00~16:00
 

24日

15:00~16:00

上記日程以外も可能です。お電話にてご予約ください。 TEL:0120-220-731 089-947-6605

 

最新情報 news
一覧を見る

東京アカデミー50周年特別企画 オープンキャンパスin松山校開催!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆お申込み:松山校までお電話にてお問い合わせください。

2017年度初級受験対策講座 受付中!5月以降も随時入会可能!

6か月で、公務員試験に向けて対策ができる!

教養試験対策
 生講義に加え、講義録画(DVD化)による欠席フォローも充実。苦手科目の復習もできる!
適性試験対策
 事務適性や消防適性対策もあり、論作文対策は全体指導+添削指導+個別指導の三本柱!
面接試験対策
 出願書類の書き方指導からはじまり、

 個別面接、集団討論、集団面接など人物試験対策を個別で徹底指導!
クラス担任サポート
 学習方法や進路(志望先・併願等)の相談について、クラス担任が一人ひとりサポート!

P3-4

 他にはない!東京アカデミーだけが知る試験情報あり!

国家試験と違い、地方公務員試験の本試験問題は原則非公開です。
それを聞き取り調査をもとに情報収集し、傾向を分析してテキストや模試を作っています。
本試験に出るポイントを押さえた授業だから、たった6か月で合格を目指せるのです!

P5-6

公務員試験対策=勉強だけ、の時代はもう終わった!

面接重視の時代ですから、2次試験対策は早期に、個別に、職種別に、何度でも行います。
個別面接に加え集団面接や集団討論、などを取り入れる
自治体も増えてきており、最終合格のためには対策は必須です!

愛媛県職は1次試験90点満点、2次(口述)試験300点満点の合計で最終合否が決定、
松山市職は1次試験と2次(論文・集団面接/討論)試験の配点比率1:9で2次合格者が決定、
愛媛県警では2次(口述・作文)試験のみの得点順に最終合格が決定します。

家で一人で黙々と勉強…だけでは対策しきれません!

P7-8

公務員試験はいくつでも併願受験が可能!

GW明けから願書配布がはじまり、9月から1次試験、10月から2次試験が実施されます。
例えば高校3年生なら、愛媛県内での1次受験だけでも5つ併願が可能です。

(2016年受験スケジュール例)
9/4 国家一般職(高卒者事務) or 国家専門職(高卒者税務) ここから一つ
9/11 裁判所職員一般職(高卒者)
9/18 松山市ほか市町職員(事務) or 松山市ほか市町職員(消防) or 刑務官 ここから一つ
9/25 愛媛県職(一般事務/警察事務) or 海上保安学校学生 or 入国警備官 or 広島市消防Ⅱ種 ここから一つ
10/15.16 愛媛県警察官(高卒者)

P9-10

 


通学コース紹介

全日制6か月パーフェクトコース
2017年3月に高校を卒業した方、フリーターの方におススメ!

P11-12
夜間+土曜コース(全科目対策)/ 夜間コース(主要3大科目対策) 
現役高校生・社会人におススメ!

P13-14
土曜部(全科目ダイジェスト対策)/夜間部週1日通学コース(一般知能単科対策)
愛媛県内東予・南予地区・高知県西部にお住まいで、平日の通学が困難な方におススメ

P15-16
その他、試験直前に夏期総まとめ講座もあります!
夏休みを有効活用!高校生・短大生・大学生におススメ

P17-18

 

 

 

2016年度 合格者からのメッセージ

安部晃平 - コピー

 

  どんなに苦しくても、辛くても、そこで踏ん張るか逃げるか、

 全て自己責任。今の自分が将来の自分に繋がっています。

 安部晃平(伊予高校)

 愛媛県(一般事務)・愛媛県警 最終合格

私が公務員試験を受けようと決めたのは、高校2年生の冬でした。そして、東京アカデミーに入校しようと思ったきっかけは、高橋先生の「とにかく私を信じて私についてきて」という言葉でした。この時に、右も左もわからなかった私はここで試験までの半年間勉強をしようと決めました。

 入校するとまず大量の宿題に驚きました。終わりの見えない宿題を、高校の授業とアカデミーの授業の両立の中、やり遂げていくことが厳しく、宿題をしないと決めた時もありましたが、ここでまた、先生の名言に心を動かされました。それが、「この宿題をやらなくても合格する人もいるが、宿題をして合格しなかった人はいない」という言葉です。つくづく、言葉の力はすごいなと感じました。また模試の結果が下がってきた時も気分が乗らず、この先不安になり、今の勉強が身についていないのではないかと思う時もありましたが、その時は先輩方の合格体験記を読んだりして、また初心へかえり、気持ちを切り替えていきました。

 そして、夏休みが大変でした。それまでは、夜間だけの授業が全日制と同じ日程になり、毎週日曜の休みがとても楽しみでした。夏の授業では過去問答練がほぼ毎日あり、同級生らと競い合うことで、モチベーションを上げることができました。今日負けたから明日は絶対勝つ!という気持ちで毎日の答練をこなしました。同じ仲間でありライバルがすぐ近くで頑張っている姿を見て、負けてられないと思ったことが徐々に点数が伸びたことにつながったなと思いました。

 また、一次試験の結果報告後すぐに面接対策もしていただけて良かったです。二次試験の対策の時に、先生から質問されたことと同じ質問が本試験でもありました。二次対策は、数をこなして自分自身に自信をつけていくことが大切だなと感じました。本番では、運次第な場面もあるかもしれませんが、運を引き寄せられるように努力することも大切だと思いました。私が努力でき合格を勝ち取ることが出来たのも、両親やアカデミーの先生方、それに、同じ目標へ向かって努力する仲間の支えがあったからだと思っています。だから、合格という形で恩を返すことが出来て非常にうれしく思っています。

 この体験記を読んでくれている方、どんなに苦しくても、辛くても、そこで踏ん張るか逃げるか、すべて自己責任です。今の自分が将来の自分に繋がっています。自分を信じ、先生を信じ、最後まで諦めずに頑張ってください。必ず努力は報われます。

 アカデミーでの半年間は私にとって本当にすばらしい時間でした。アカデミーに通って本当によかったです。

大西夏暉 - コピー

 部活をしながらでも夜間の授業があるので大丈夫!

 大西夏暉(松山商業高校)

 愛媛県警 最終合格

 私は昨年の3月から東京アカデミー松山校に入校しました。その頃は、まだ部活をしていましたが夜間の授業だったため、あまり苦も無く続けることができました。夏休みでは、毎日東京アカデミーに通い勉学にはげみました。毎日通っていると自分が日に日に解ける問題が増えていくのを実感することができ勉強のやる気UPにもつながりました。夏休みはやはり遊びたいという気持ちも出てきますが、この1か月を乗り越えるととても自信がつくと思うので、できるだけ参加をすることをおすすめします。

 また、東京アカデミーの試験対策はとても充実していて、私は警察官を志望していましたが2次の面接では、私が納得いくまで練習を見てくださり上位の成績で通過することができました。また、最終試験である採用試験でも集団討論の練習にぬかりはなくしっかりと練習ができ、みごと合格することができました。高校での勉強と東京アカデミーでの勉強との両立はやはり難しいと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。先生たちはとても丁寧に授業をしてくれるので理解は早いですし、部活をしながらでも夜間の授業があるので大丈夫です。なにより、学校での勉強にもあまり自信なかった私でも合格できたのですから間違いないです。是非、公務員を目指したいという特に忙しい高校生の方は必ず期待に応えてくれるので、東京アカデミー松山校に入校をおすすめします。 

高橋 尚 - コピー

 

  授業含めて1日最低10時間の勉強しました。

 高橋尚(宇和島東高校卒)

 宇和島広域事務組合(消防) 最終合格

 私は、東京アカデミーに入る1週間ほど前までは近畿大学で野球に打ち込んでいました。しかし、勉強面をおろそかにしていたこともあり、留年が決まりました。私は、その後よく考えてみると、将来は野球関連の職に就きたいわけでもないし、勉強面ではあまりやる気がなかったので、心機一転、中学の時の夢であった消防士を目指すことに決めました。この自分勝手な決断を応援してくれた両親には本当に感謝しかありません。私は両親の気持ちを裏切らないために、そして自分自身の目標を達成するために半年間死に物狂いで勉強に励むと決めました。

私は、高校、大学と野球中心の寮生活を送っていたので、最初は一人暮らしにも勉強中心の生活にも抵抗がありました。しかし、誰のおかげで今こうやって勉強できているのかということを自分自身に言い聞かせて、毎日毎日コツコツ地道に勉強を重ねていきました。私は「授業含めて1日最低10時間」というノルマを決めて勉強しました。その甲斐もあり、最初は下から数えた方が早かった模試順位がどんどん上がっていきました。先生方の言われている通りに実践していくと必ず結果がついてくるということが分かりました。予備校でここまで丁寧に面倒を見てくださる学校はこの松山校以外なかなかないと思います。この学校を選んで正解でした。

そして、いざ試験では今までやってきたことを発揮するだけだったので、緊張もなく取り組むことができました。結果一次試験は、宇和島消防、広島消防、東京消防すべてに合格できました。その後の面接練習でも、忙しい中でも高橋先生を中心に、丁寧に指導していただき、自分が言いたかったことを上手く伝えることができました。

最終的に宇和島消防に入ることになりましたが、まだまだここからがスタートです。合格してもその後しっかり公務員としての自覚を持ち、地域の方々から頼られる公務員にならないと意味がありません。まず一つの目標を達成しましたが、それに満足することなく次の目標へ向かってまた1から努力していきます。

稲井健太 - コピー

 

  しんどくなってからが本当のスタート

  稲井健太(環太平洋大学卒)

 愛媛県警・東温市消防 最終合格

 私は、小学生から大学卒業までの16年間サッカーしか続けておらず、勉強など本腰を入れて取り組んだことがありませんでした。そのため、大学在学時にも様々な消防試験を受けてきましたが、すべて一次試験で落とされました。私自身どうしても消防士になりたいという夢が捨てきれなかったため、授業があり、毎日計画的に学習が進められる東京アカデミーに入校することを決めました。入校するとほぼ毎日授業はありますし、授業に加え大量の宿題も出されます。まず、授業に関しては絶対に眠くなっても寝ないこと、周りが寝ていたとしても自分だけは絶対に起きておくことが大切です。先生たちの言っている言葉は必ず試験に出ます。宿題に関しても、ただ宿題を終わらせることに目標を定めるのではなく、期限が過ぎてもかまわないから、一つ一つしっかり集中して問題を理解することに目標を置くことが大切だと思います。模試に関しても、私自身40点満点で9点を取った時もありました。どんなに勉強しても成果が出ない時期もありました。ですが、諦めずにやり続けたことで、本試験前には7割取れるようになっていました。体力面では私の場合、毎日ランニングの日には21時まで学校に残り、筋トレの日には19時まで残り、本試験に出てくる課題に対して常に限界を超えてトレーニングしました。必要のないトレーニングは一切していません。私はいつも「しんどくなってからが本当のスタート」だと、自分に言い聞かせ課題を克服していきました。何事もしんどくなってから頑張ることがライバルとの差を広げる最高のタイミングだと思っていました。これから皆さんも授業中に眠くなったり、成果が出なかったり、先の見えない課題の多さに嫌気がさしたり、様々な感情やプレッシャーなど入り交じり、不安に押しつぶされそうになるかもしれません。そんなときこそ今、周りにいる同じ志を持った仲間たちを頼りにし、お互いに励まし合って下さい。何事も一人でするのは限界があると思います。今そこにいる仲間と早く打ち解け切磋琢磨し合うことが大切です。また、勉強の仕方、トレーニングの仕方など様々な人から聞き、実行するのは自分自身ですが、絶対に自分はこうなるんだという未来の自分を常に想像してください。その未来の自分になるために、焦らず、自分のペースで毎日コツコツ努力し続けることが、何よりも一番大切だと思います。そうすると、自然と結果は現れます。

 この半年という長いようで短い時間を良いものにするのも、悪いものにするのも、すべて自分自身にゆだねられています。周りにいる仲間や先生を信じ、応援してくれている人を信じ、最後は自分の力を信じて夢を叶えてください。健闘を祈ります。

 私は、この東京アカデミーでは、本試験に合格するために必要な知識だけではなく、これから社会に出るために大切なことを多く学べたと思っています。それは、自分自身がこれまで頑張ってきたからこそ得られたものでもありますし、それをサポートしてくれた先生方、家族、友人のおかげだと思っています。この半年間で学んだことは、これまでの私の人生において大きな財産になりました。本当にありがとうございました。

 

入江直斗 - コピー

 合格の封筒が家に届いたときは、本当に頑張って良かった

 と思いました。

 入江直斗(東温高校)

 愛媛県警 最終合格

私が東京アカデミーに通いはじめたのは夏期講習の始まる7月25日からでした。それまではなんとなく消防士になりたいと思っており、消防士の参考書などを買って読む程度でした。しかし、アカデミーに入ってからその考え方が変わりました。具体的に、私がアカデミーで受けた最初のテストである公務員全国公開模擬試験での総合成績が5155人中5078位だったことで、この結果を知らされた時はとてもショックでした。今までの自分の考えはとても甘くこのままでは確実に消防士にはなれないと思いました。そして私はその日から毎日本気で勉強に取り組みました。朝から夜までアカデミーに通い、その中で夏期から入った私を全日制の先輩方が仲良くしてくださり、何もわからない私にやさしく勉強を教えてくれ、一緒に頑張ろうと言ってくれたことを今でも覚えていますし、体力面でも私はこの時期バスケットボール部に所属していたので体力はあったのですが筋力があまりなく、このままでは体力試験が難しいと教えてくれ、一緒に筋力トレーニングも行いました。それに私は部活動のキャプテンをしていたこともあり、部活動の方にも力を注がなければなりませんでした。アカデミーが日曜以外は朝から夜まであるので、基本的に日曜日しか練習に参加できなかったので、日曜以外は毎日6km走り、坊ちゃんのバスケコートで普段練習で行っているフットワークを行い、シューティングをして少しでもチームメイトと合流した時に上手くなっていられるように頑張りました。それでもやはり勉強に1番力を入れました。アカデミーでも休憩時間中に勉強をしている先輩などもたくさんいて自分も頑張ろうと思えてくるし、その先輩から将来についての話をたくさんしてもらい日々頑張ることができたのはそのことも大きかったと思います。そして消防試験本番を向かえ、2か月間やってきたことを出しきり、1次試験に通過することができました。そして次の2次試験は集団討論や集団面接だったのでそれからも毎日その練習をしましたが、2次試験は落ちてしまいました。初めての経験で周りに圧倒され討論の時にあまり自分の意見が言えなかったのが原因だと思います。そこからアカデミーの先生に慰めてもらい、次の目標であった警察官の試験を目標に頑張り出しました。1次試験は今までの積み重ねで通ることができたのですが、次の2・3次試験はまた討論と面接があったので不安な気持ちになりましたが、それを自信に変えるほど練習しました。毎日学校の登下校の時に面接で言う内容を声に出して覚え、アカデミーでも高橋先生や今城先生などに面接の練習をしていただき2次試験を通過することができました。この時点で私の順位は採用人数と同じくらいのところにいました。このままでは消防の試験の時のようになると思い、討論の練習や面接の練習をアカデミーでするだけでなく家はもちろん学校でも友達を誘って行いました。その成果もあり、本番では落ち着いて話すことができ、討論で司会の時に自分の意見を発表しながら周りの意見も取り入れることができ最終を1位で合格することができました。合格の封筒が家に届いた時は本当に頑張って良かったと思いました。また部活動でも四国大会に出場することができ後悔ない充実した3年間を送ることができたと思います。少ない期間で私をここまで成長させてくれたアカデミーの先生はもちろん、合格という目標を持ち一緒に闘った仲間や支えてくれた親に対し感謝の気持ちでいっぱいです。大きな失敗をしたことで次に生かすことができたので、本気で取り組んで試験に落ちてしまった人も次の目標に向かって努力してほしいです。私もここからまたスタートなのでこれからもたくさんのことに挑戦していきます。

宮脇滉平 - コピー

  正直相当しんどかったけど続けることが出来た理由は

 危機感です。

 宮脇滉平(大洲高校卒)

 大洲広域事務組合(消防) 最終合格

 私は高卒で地元の税理士事務所に就職しました。元々、高校生の時に消防士になりたいという夢は抱いておりましたが、模試で思うような点が取れず諦めてしまいました。しかし、仕事をしているうちにもう一度夢を追いかけたいと思い、アカデミーに通っていた友人にアカデミーを勧められ、アカデミーに通うことにしました。

 私は内子町から毎日電車で往復二時間かけて通っていました。私は高校時代商業科だったので、文系科目、理系科目両方ともほとんど分かりませんでした。なので、暗記科目である政経社、日世知、生物、地学などを電車の中でひたすら勉強していました。9時に学校に着いていたので自習室で1時間勉強してから授業を受けていました。17時に授業が終わってからも21時まで残り、授業の復習と自分の苦手なところを勉強していました。21時半の電車で家に着くのは23時頃でした。それから1時間筋トレをして、30分のランニングを行ってから、1時間1日の総復習をしてから寝るという生活を半年続けました。正直相当しんどかったけど続けることが出来た理由は“危機感”です。1回で受かるという気持ちがあってどれだけしんどいことでも続けることが出来ました。しかも私はブランクがあるのでより、周りの人よりしないといけないという気持ちもありました。そのモチベーションを始めから終わりまで維持することは正直大変でした。でもこの半年中途半端にしてまた来年頑張るより、この半年死にものぐるいでやって、来年消防士になるのが良いという強い気持ちを持って毎日を過ごしました。それだけやって、もうこれ以上することはないぐらいになって試験当日を迎えました。自分の中では半年やり切ったという気持ちがあり、試験の日は不安など全くなく、逆にリラックスして受けることができて、自分の力をすべて出し切ることができ合格できました。

 いろいろな角度から支えてくれた先生方にはとても感謝しています。分からないことがあれば理解できるまで何度も教えていただきました。その積み重ねで分からないことは少なくなり、応用も効くようになりました。本当に感謝しています。高橋さんには何度も話を聞いてもらってブランクがある不安も聞いて頂きました。一次を1位で通れば問題ない!と言われ、それを目標に勉強しました。そして有言実行できました。他の面でもたくさん支えて頂きました。ありがとうございました。

 そして何より大きな存在だったのは周りの友人達です。初日はみんな初対面で会話もなく、ピリピリした空気でした。しかし少しずつ話すようになっていくうえで、ライバルでもあり、大切な仲間であることに気づき、切磋琢磨していくことができました。管先生にも何十年ぶりの結束力でいい雰囲気と言って頂きました。この友人たちと勉強を教えあいながらみんなで高めていくことができたのも大きかったと思います。これからもこのメンバーで何度も集まって、思い出話ができる日を待っています。(もう既に何度も集まっています。)

 とりあえず、私は東京アカデミーに入ってよかったです。たくさんの人と出逢い、夢をつかむことができました。たくさんの人にありがとうと伝えたいです。4月から消防士として頑張っていきます!感謝!!

織田恭平 - コピー

 

  自分が夢を実現させて夢を与える存在になって見せる!

 と思うことで絶対頑張れる。

 織田恭平(伊予高校卒)

 松山市消防 最終合格

 私が東京アカデミー全日制に入校したのは高校卒業してからです。私は1年目の去年、公務員試験に失敗しました。2年目の最後のチャンスではDATA問だけにすべてを託し勉強にトレーニングに励みました。勉強に迷い、何を解けばいいかわからなくなったら絶対にDATA問を解いてほしいです。DATA問を頼りながら一生懸命セサミを見て関連付けさせながら問題を解いてください。すぐには成果は出ませんが試験までには確実に実力がついています。これだけは確実です!模試でなかなか結果が出なくても気にすることはありません!引きずるだけ時間も無駄です。私からアドバイスがあります。それは、併願なんかせずに「消防職一本で挑む!」と思うなら常日頃から「俺は消防士になるんだ!」と思い続けてください。「夢を夢で終わらせるくらいなら自分が夢を実現させて夢を与えられる存在になってみせる!」と思う方が絶対に頑張れます。普通、本気でなろうと思うなら簡単には夢は諦められませんよ!

自分を見捨てずにいつも親身になって助けてくれた高橋さんには感謝してもしきれないほどの恩があります。この恩返しはこれからの私の活躍と今後の後輩たちへのアドバイスを送る形で返していきたいと思います。私がきっと合格できたのも家族の支えやアカデミーで出会えた先輩、講師の先生方、何より高橋さんの支えのおかげです。本当にありがとうございました。

中田廉 - コピー

 志望先に合格する事が出来たのは、恵まれた環境で

 とても濃い半年間を過ごすことが出来たから。

 中田廉(大阪体育大学卒)

 宇和島広域事務組合(消防)

私はこれまでの人生、思い通りの高校、大学に進学し、幼いころから始めた水泳でも結果を残すことができ、とても順調でした。しかし、昨年の試験で初めて大きな挫折を味わい、とても悔しい思いをしました。一度は一般企業で働くことも考えましたが、消防士になる夢を叶えるため、最後の挑戦と決め、東アカで勉強することを決めました。

 初めは、半年間で合格できるのか、不安になることもありました。しかし、東アカには私と同じように消防士になる夢を持った人が多く在籍しており、「全員で合格して消防学校に行く。」という思いを仲間全員が持ち、授業の空き時間には問題を出し合ったり、得意分野を教えあいながら、勉強しました。また、オンオフをしっかりと決め、仲間と体力試験に向けてトレーニングを行ったり、プライベートで息抜きの日をつくり、効率よく勉強することができました。試験1ヵ月前にはDATE問で分からない問題がないほど、頭に叩き込みました。

 そしてなにより先生方には感謝です。担任の高橋先生には、面接練習を試験の前日まで自分自身納得がいくまで指導して頂きました。その結果、試験当日は自信を持って挑むことができました。志望先に合格することができたのは、恵まれた環境でとても濃い半年間を過ごすことができたからです。本当にありがとうございました。

岩城唯

 模試などでわからない所はともに頑張る仲間に教えてもらい

 とても良い刺激になりました

 岩城唯(今治明徳短期大学)

 刑務官 最終合格

 私が自分の夢を叶えたい、と東京アカデミーに通うきっかけとなったのは、知人の紹介からでした。小さいころから勉強が苦手で、勉強に対して自ら意欲的に取り組んできたことはほとんどなく、なんとなく勉強から避けてきたように思います。

 東京アカデミーに通いはじめると、まず授業のスピードの早さにとても驚きました。最初はノートをとることに必死で、授業についていけない自分がいました。このままで大丈夫かな、と不安になることは多々ありましたが、通っている大学の休み時間などに課題をしたり、前日に分からなかったところを復習したりと、自分なりに少しずつ頑張りました。そして授業にも少しずつ慣れ、夏期講習には自分の苦手な分野や問題の時間配分が分かるようになりました。また、模試などで分からない所は共に頑張る仲間に教えてもらい、とてもいい刺激となりました。また他にも、面接練習を個別で何度も指導して下さり、本番では自分に自信を持って面接をすることができました。

 西条から通い、資格の勉強と両立するのはとても大変でしたが、今こうして合格体験記を書いていることをとても嬉しく思います。東京アカデミーに通わせてくれた親や、丁寧に指導をして下さった先生たちへの感謝の気持ちを胸に、厳しいこともたくさんあると思いますが、刑務官として一生懸命頑張ります。本当にお世話になり、ありがとうございました!

合格者からのメッセージ

合格者からのメッセージ


はとうだいき-コピー俺は父親を超えられるような
立派な海上保安官になります!

羽藤 大輝さん(今治東中等教育学校卒)

 最終合格試験:海上保安学校学生(船舶運航システム課程)2015最終合格

 海上保安官であった父を病気で亡くし、親孝行して海上保安官として父の分まで働こうという決意のもと東京アカデミーに入学しました。勉強し始めたころは、数的推理がわからなくて苦しかったです。でもいつの間にか、自分にも分かるぐらい本気で勉強している自分がいました。毎朝、誰よりも早くアカデミーに来ていたし、一般知能は全問分かるまで解いたし、分からない所は先生に聞きまくりました。また政・経・社や日・世・地は授業をよく聞いて、先生がしゃべっていることまでメモしたし、習っていない所も自分で勉強しました。これは私の誇りです。そのおかげもあり、模試で1位を取ることができました。1位を取ることはアカデミーに通い出してからずっと目標にしていたことだったのでとても嬉しかったのを覚えています。試験前日には、合計23冊になったノートと7周したデタ問、そして使い込んだセサミ、その他もろもろの問題集を並べて、「これだけやったんやけん絶対合格できる!」という自信と誇りを胸に試験に挑み、そして合格することができました。私には印象に残っている高橋さんの言葉があります。「できる、できないじゃない。やるか、やらないか。」という言葉です。まさにその通りだと思います。この言葉は今後の人生においても大切な言葉だと思っています。共に競い合い、相談し合ったり、問題を出し合って一緒に勉強を頑張ってきた仲間。一生懸命自分たちに授業をして下さった先生方。いつも自分達が気持ち良く勉強できる空間を作って下さった事務の方。こんな自分のために必死で応援してくれた家族や友達。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。俺は父親を超えられるような立派な海上保安官になります!本当にありがとうございました。

 

 ???????????????????????????????東京アカデミーは「半年間」で
本当に公務員に合格できる予備校です!

丹下 剛志さん(松山中高校卒)

  最終合格:愛媛県(一般事務)2015/国家一般職(四国)2015

 私はまず、半年の期間で公務員試験を合格できるレベルまで上げられる講義をして下さる東京アカデミーに入学してよかったと、とても感じています。この「半年で」ということがとても私に合っていました。私は4月からの半年間は、土・日やゴールデンウィークなどの休日も1日も遊んでいません。遊ぶ余裕がないほどの宿題もありましたし、休みの日は、自分の苦手な範囲をゼロにする気持ちで学習に励んできました。このように頑張ることが出来たのは、自分の目指している公務員に半年の努力で就くことができるということと、先生たちの細かく理解しやすい講義に信頼を持てていたからです。また、私は何の公務員になりたいのか、明確に決まっておらず、よく聞く「安定しているから公務員になりたい」としか考えずに、このアカデミーに入りました。しかし、4月から勉強をしながら時々先生に進路相談に乗ってもらい、2次試験までには自分に合った職種と、その明確な志望理由を考えることができていました。これから公務員になろうと目指しているみなさんも「この半年」を必死で乗り越えれば将来の自分の夢を叶えることができます。これは本当に保証します。半年は今までで一番つらいかもしれませんが、自分にどれだけ厳しくしたかで合否が決まると覚えておいて、頑張って下さい。

 

 ???????????????????????????????部活動との両立が大変、
それでも楽しく通える予備校でした!

川本 真由さん(松山商業高校3年生)

最終合格:愛媛県警察官2015/刑務官B(四国)2015

 警察官になることが小さい頃からの夢で、先輩がアカデミーに通い合格していることを知っていたので、高3の春から東京アカデミーで勉強することにしました。まだ、現役で部活動をやっていたので勉強との両立が大変でした。練習が終わってすぐに急いでアカデミーに行き、練習終わりだったので眠かったりお腹がすいたりなど、辛い時もたくさんありましたが、授業が丁寧で分かりやすかったので必死で授業に取りくみました。努力のおかげで、1次試験では自信を持って受けることができ、無事合格することができました。その後も作文や面接指導も個人的に何度も行っていただき、また、採用面接に向けての指導もたくさんして頂き、そして、愛媛県警と刑務官、両方に最終合格することができました。 決して、自分一人の力でなく、共に頑張った仲間、最後まで親身に勉強や面接指導を行ってくださった先生方、夢を叶えるためにアカデミーに通わせてくれた親のおかげです。本当に感謝しています。 

 

 ???????????????????????????????精神力は貯金とは逆で、
引き出し続けることで増してきます!

武田 駿平さん(東温高校卒)

最終合格:東温市(消防士)2015

私は消防一筋でやってきたので、消防に合格するためのアドバイスができたらいいなと思っています。まず勉強では、授業にでることはもちろんですが、高橋先生の出した宿題をこなすことが大事です。ただ、その宿題を早く終わらせるのではなくて、ゆっくり丁寧にすることを心がけていました。提出期限に遅れて提出しても、先生はちゃんと見てコメントをくれました。また、試験の3ヶ月前からは出たDATA問を何回も解いてとにかく頭に詰め込みました。体力では、私の場合は3日に1回、体力試験内容の全項目を自分の限界を超えてやりました。私は高校3年の時も消防を受験しましたが、最終合格とはならず、本当に悔しく、人生最大の挫折を味わいました。ですが、今となっては良い経験になったと思っています。この1年間で培ってきたことを今後の生活にも活かしていきたいです。そして、人間的にも大きく成長させて下さった先生方への感謝の気持ちを忘れず、過ごしていきます。 

 

 ???????????????????????????????一日一日を丁寧に、大切に、
一生懸命やりました!

梅村 哲平さん(宇和島東高校卒)

最終合格:宇和島広域事務組合(消防士)2015

 私は高校在学時に宇和島消防の試験を受けましたが一次試験で不合格でした。ところが東京アカデミーの夏期講座参加した友人が2人とも最終合格を決め、その友人のすすめで東アカに入学することにしました。4月から授業が始まりましたが、付いて行くのに精一杯でした。宿題も多く出ていた為、付いて行くことだけを考えて一日一日、自分なりに努力して過ごしました。宿題も、誰よりも先に提出しました。すると夏期講座が始まるころには一般知能に自信が持てるようになっていました。二次試験の対策もしっかりとしていただき、宇和島消防の職員として採用していただくことになりました。試験が終わった今、4月からの約半年間を振り返ってみて、私1人の力では最終合格へと巡り着くことは不可能だったと思います。東京アカデミーの先生方、友人の支え、協力があってこその結果です。東アカの先生方はしっかりと最後までサポートしていただけるので、後は自分自身がやるだけです。最後まで諦めずに夢を叶えてください。 

 

???????????????????????????????ともにがんばる仲間の存在があったから
合格できました!

森﨑 大地さん(松山聖陵高校卒) 

最終合格:愛媛県警察官2015

 私は小学生の頃から高校まで野球をずっとやり続けたタダの野球バカでした。小さい頃から勉強には手をつけようともせず、当然順位はいつも下位の方でした。なので東京アカデミーに通い始めた頃は、授業に追いつこうとしても追いつけず、理解が出来ないことも多々ありました。当然、模試の結果も悪く、40点満点で9点を取った時もありました。さすがにそのときはかなり落ち込みましたが、諦めず勉強していくうちに、少しずつですが模試の点数を上げることができ、夏の頃には苦手だった一般知能も小テストで満点を取れる様になっていました。1次試験をなんとか合格することができ、アカデミーの面接指導のおかげで2次、3次も通過することができました。私が最終合格までたどり着けた理由は、アカデミーにきている生徒の誰もが自分の夢に向かって必死になって勉強しており、その姿を見て、負けてられない!と思えたこと。そしてその仲間たちが自分の事で必死なのに自分と一緒に勉強してくれたり、教えてくれたりしたからです。両親、仲間、先生方などに、合格という結果で恩返しできたことを本当に嬉しく思っています。 

 

???????????????????????????????提出した宿題に必ず書いてくれた、
先生のメッセージに支えられました!

千守 穂乃香さん(愛媛大学付属高校卒)

最終合格:自衛隊一般曹候補生2015/愛媛県警察官2015

私は高校生の時に自衛官になりたいと思っていましたが、不合格となり東京アカデミーに入学しました。入学するとハードな授業スケジュールに、山のような宿題が私を待っていました。それでも、「努力しなければ夢を叶えることはできない!!」と思い必死に取り組みました。学校での勉強が終われば今度は家庭でも宿題をこなす日々・・・。正直、精神的にも辛かったです。しかし、提出した宿題には必ず高橋先生の温かいメッセージがあり、「私の努力をそばで見て、支えてくれる人がいる!もっと頑張ろう!」と思えました。その結果、夢であった自衛官になることが出来ました。また愛媛県警も最終合格をいただきました。一人ひとりの進路に合わせ、親身になって相談に応じてくださり、面接練習では、的確なアドバイスをしてくださる先生方のおかげで今の私があります。これから公務員を目指すみなさん、約半年間、辛く苦い日々かもしれませんが、自分の力を最大限に引き出し、先生方の言ったことを実践してみてください。きっと道が開くと思いますよ。

 

 ???????????????????????????????自分と同じ目標を持っている人たちと
切磋琢磨できたからこそです!

岡澤 信哉さん(宇和島東高校3年生)

最終合格:宇和島広域事務組合(消防士)2015

私は幼いころから消防士になりたいと思っていました。しかし、高校の学力テストではいつも最下位に近く、諦めかけていました。入学してすぐ、高橋先生に自分の学力を見てもらうと、私のレベルに合わせた宿題を出してくれました。そして「自分を信じてこの宿題をやり抜けば必ず合格する」といわれ、その言葉を信じ毎日10時間以上宿題と向き合いました。東京アカデミーに来ている人たちは、自分と同じ目標を持って努力している人たちの集まりです。優しく、いい人たちばかりでした。分からないことがあったら教え合い切磋琢磨しながら勉強しました。この環境もすごく大切だと感じました。一次試験合格後は、二次試験に向け、「集団討論」「個人面接」の練習を自分が納得いくまで何度も付き合っていただきました。高橋先生は、自分の休みを削ってまで私の個人面接の練習に付き合って下さいました。東京アカデミーの先生はそんないい人ばかりです。本当に感謝しかありません。私は今どこで公務員の勉強をするか迷っている人たちがいたら迷わず東京アカデミーを薦めます。絶対に努力は報われます。頑張ってください。 

 

井川海斗くん授業も宿題も面接練習も
全部一生懸命やったから
合格できたのだと思います。

井川海斗さん(愛媛県立宇和高校卒)

最終合格:海上保安学校学生2015

入校すると、ほぼ毎日授業があり、宿題もたくさん出ました。しかし、その日の授業の復習をその日のうちにやり、宿題をまじめにこなしていくと、知らない間に分厚いテキストをやり終えていました。授業では先生方が重要なところをしっかりと説明してくださるので、自分で勉強をするよりもはるかに効率的に勉強をすることができました。私の場合は、問題の解説を読むよりも先生方の解説を聞く方が覚えやすかったので、授業でしっかりと話を聞き、帰って復習を繰り返しました。そして、話を聞いてもいまいち分からないときは、先生方に質問に行けば詳しく説明をしていただけるので、困ったときは迷わず質問に行っていました。1次合格後は2次試験対策もしていただき、とてもよかったです。2次試験の対策の時に先生から質問されたことと同じ質問が本試験でも数回あり、これには驚きました。結果的に授業も宿題も面接練習も全部一生懸命やったから合格できたのだと思います。模試で成績が良い人たちは、やはり授業も宿題も真面目に取り組んでいました。その職に就くために自分がどれだけ頑張れるかで、結果は大きく変わってきます。目標をいつも頭の中に浮かべ、その目標に向かって、自分のために頑張って下さい。健闘を祈ります! 

 

 ???????????????????????????????先生方の熱意と言葉を信じて
モチベーションを維持できました!

永井 佳菜さん(松山東雲短期大学2年生)

最終合格:川崎市役所2015

公務員試験を受験しようと決めたきっかけは、大学の学内講座を受講したことです。この学内講座で東京アカデミーの先生方の授業を受講し、東京アカデミーで本格的に勉強を頑張る決意をしました。私は数学が苦手なので一般知能が一番の不安要素でしたが、高橋先生の、「何度も繰り返して覚えるくらい問題を解く」、という大量の宿題をこなした結果、本番で似たような問題をいくつも発見し、余裕をもって解答することが出来たように思います。その後も熱心に面接指導、作文指導をしていただきました。特に面接指導は東京アカデミーでの厳しい指導を受けていなければ絶対に合格できていなかったと思います。周りの友人が早い時期から内定をいただいていく中で、最後まで頑張れたのは、先生方、高橋先生の熱意と言葉を信じて約半年間モチベーションを維持できたからです。本当にありがとうございました。

 

???????????????????????????????どんなに努力をしても、
やり方が間違っていれば、
合格は待っていません!

中本 裕太さん(松山大学4年生)

  最終合格:大洲地区広域消防事務組合(消防士)2015

 大学3年生の4月から1年間大学内の公務員講座を受けながら勉強を続けていましたが、松山市の上級の消防士の1次で落ちてしまいました。理由は、完全に学力不足でした。大学の講座は、各教科の授業回数が少なく、授業で教えられる範囲は限られており、授業以外の自主学習で要点を押さえていく必要がありました。このままでは本命である大洲消防も落ちてしまうと思い、東アカに通うことにしました。東アカの授業では、覚えるべき所、覚える必要のない所をはっきりと言ってくれたので、効率よく勉強が進みました。また、定期的に模試があり、自分の学力がどんどん上がっていくことを感じられたことが、やる気を持続させるもとにもなりました。さらに面接練習も、何度もしていただき、自信を持って2次試験に臨むことが出来ました。そして、念願の大洲市の消防士となることができました。東京アカデミーの高橋先生をはじめとする先生方のおっしゃることを信じて、また自分を信じて、諦めずに努力し続けられたことが合格に繋がったと思います。そして、精神的に支えてくれた、親や家族、友人に感謝します。どんなに努力をしても、やり方が間違っていれば、合格は待っていません。東アカでは、合格のためすべきことを教えてくれるので、先生方を信じて努力し続ければ、結果が出ると思います。夢に向かって諦めずに頑張って下さい。

 

securedownload-コピーやる時はやる、休む時は休む、けじめをつけ、
何よりも「自分らしさ」を忘れずに頑張ってきた!

窪田 優希さん(松山東雲女子大学4年生)

最終合格:大洲市(保育士)2015

 私は大学3年次に、大学内のアカデミー講座に参加し、アカデミーの先生方の授業がとても分かりやすく、効率の良い勉強方法も教えて下さったので、4月より東京アカデミーの夜間部に入学しました。大学とアカデミーのダブルスクール、そして自宅ではアカデミーの課題と大学の課題の両立は確かに大変で、特に7月の公務員試験前に2週間の実習が入った時は不安と焦りで諦めたいと何度も思いました。ですが、一次試験で、アカデミーで教えてもらった部分の問題ばかり出題された時、アカデミーの力を実感するともに、自信を持って問題を解くことが出来ました。無事一次試験は合格し、アカデミーの先生方や大学の先生方にお願いをして何度も面接練習をしました。面接は練習あるのみなので、何度も繰り返し練習を行うことで面接試験はこれまでにない手応えを感じることが出来ました。諦めかけた時もありましたが、自分の中で「公務員になりたい」という強い気持ちを持っていたから、大学の勉強もアカデミーの勉強も手を抜くことなく取り組めたのだと思います。強い意志や目標を抱いている人はいつか必ず達成できるはずです。やる時はやる、休む時は休むといったようにけじめをつけると共に、何よりも「自分らしさ」を忘れず今まで頑張ってきたことを教養試験でも面接試験でも、どんな試験でも発揮出来るよう頑張って下さい。   

 

???????????????????????????????アカデミーでの勉強は独学に比べて
量、質、共に勝ったものでした!

児玉一郎さん(松山短期大学卒)

最終合格試験:西条市役所2015 

東京アカデミーでの勉強は今まで自分がやってきた勉強に比べると量、質、共に勝ったものでした。そこで1年間自分なりに学んだおかげもあり、模試ではA判定を取れるまでに成長することができました。最後まで諦めず努力できたのは、家族、友人、東京アカデミーの先生方、みんなの支えがあってのことだと思っています。これからは西条市の市民の皆様、先輩職員の皆様、同僚たち、そして新たに仲間になる後輩職員と西条市を今よりも更に良い町にしていく努力をしていきたいです。

 

★☆26年度合格者からのメッセージ☆★

 

仙波多津貴さん(松山商業高校3年生)
最終合格試験:愛媛県警

 私は高校1年生の秋から東京アカデミーで公務員になるための勉強をはじめました。最初は警察官になるために通っていましたが、その過程で自分が思っている以上に公務員の仕事内容が多岐にわたること、その職ならではの魅力があることに気付かされました。様々な職種を知って視野が広がったからこそ、警察官にそれまで以上の憧れを抱き、一層の努力を重ねて合格を勝ち取ることが出来たんだと思います。
もちろん、自分一人で頑張ったわけではありません。両親やアカデミーの先生方、それに時には友人の支えがあったからこそ合格できたと思っています。高校にもお世話になった面は多くあります。私の場合、夏休みの補習や野球応援、また行事の準備など、先生だけではなく仲間にも融通を利かせてもらいました。
また、自分と周囲の進路決定に時間差があるので、不安になることがあると思います。私のクラスは進学希望者の方が多くいて、民間企業に就職するクラスメイトはすでに内定が出ていました。そんな中でたった一人公務員志望だったため、自分だけが取り残されているように感じた時期もあります。でも大丈夫です。ちゃんと努力していればそんな感情は杞憂だったと思える日が来ます。だから周囲には流されずに今自分がすべきことを一生懸命やってください。
最後に、いま自分の合格体験記を読んでくれている方へ。公務員というのは、仕事内容や試験の時期と内容など、一般企業や大学進学と異なる点は多くあります。自分と周囲のズレを感じて不安になったり孤独を感じたりしてしまうこともあると思います。でも、だからこそ諦めないでほしいです。家族やアカデミーの先生方は貴方のためにあらゆるサポートをしてくれるはずです。自分を信じ、周りの人を信じて、貴方の夢に向かって走り続けて下さい。
最後まで自分のような若輩者の合格体験記を読んでいただき、本当にありがとうございました。

 

山内凌馬さん(帝京第五高校3年生)
最終合格試験:国家一般職(松山地方検察庁)・愛媛県一般事務・伊方町一般事務

私は、東京アカデミーの模試と夏期講習を受講しました。私の親戚にも東京アカデミーで学び、公務員として働いている者が多くおり、自分自身もそれに続こうと一生懸命勉強に取り組みました。
授業では「ここが試験に出る!」という部分をしっかりと教えてくださり、非常に効率よく学習できました。面接の対策では、受験する自治体別にどんな質問をされるかや、どのような人物を採用したいかなど詳しく教えていただき、また面接の練習を通して多くの質問に答えられるようになり、面接に自信を持つことができました。本番でも落ちついて面接に臨むことができ、練習の成果を出すことができました。
最終的に、受験した3つの試験すべてに合格することができ、最高の結果を得ることができました。東京アカデミーでの学習や、先生方のサポートがなければ、この結果を得ることはできませんでした。本当に受講して良かったです。今後は、公務員として地域のために一生懸命働いていきたいです。東京アカデミーの皆さん、本当にありがとうございました。

 

渡邊 力さん(西条高校卒)
最終合格:西条市消防

私は消防士になることが幼い頃からの夢でした。高校3年の部活動が終わってから本格的に独学で勉強しましたが、一次試験に合格できませんでした。どうしても消防士になりたかったので、生講義でノートの取り方など一から勉強の仕方を教えてくれることや、知人の先輩がアカデミーに通って合格したことから、東京アカデミーで勉強することにしました。
実際授業が始まると、噂には聞いていましたが予想以上の宿題の多さに驚きました。毎日のように朝から晩まで授業があり、その後大量の宿題をこなすことは苦しかったですが、高橋先生の「宿題をやらなくても合格する人もいる。でも宿題をして合格しなかった人はいない」という言葉を信じ、仲間と励まし合いながら諦めずにやりぬきました。結果使用したノートの冊数は19冊でした。
その努力のおかげで、一次本試験では「あれだけ頑張ったのだから絶対合格する」と自信を持って受けることができ、第一希望の西条消防と、難しいと言われていた広島市消防の一次試験に合格することができました。その後も作文や面接指導も個人的に何度も行っていただき、集団討論の練習も休まず全て参加し、準備万端で自信を持って2次試験に臨みました。そして西条消防にて2次試験も合格し、夢であった消防士になることができました。
決して自分一人の力ではなく、支えながら切磋琢磨し合った仲間、最後まで親身に勉強を教えてくださった先生方、勉強のしやすい環境を作ってくれた親のおかげです。本当に感謝しています。勉強している時は苦しくて投げ出したくなったり、模試の点数が上がらなかったりしたら「本当にこれで大丈夫か」と不安になることもありますが、自分を信じ先生を信じ最後まで諦めずに頑張って下さい。必ず努力は報われます。健闘を祈ります。

 

黒田佳伽さん(松山商業高校卒)
最終合格:国家一般職事務 

高校生の時、公務員という職業に興味を持ちました。公務員試験について調べていくうちに多数の科目を勉強していく必要があることを知りました。私は商業高校を卒業したので普通科の高校に比べて専門的な授業が多かったため、東京アカデミーに入校しました。
私が公務員試験の勉強の中で最も苦戦したのは一般知能です。小学生の頃から文章問題が苦手で、最初は先生が板書したことをノートに写すことが精一杯でした。しかし授業で多数の問題を解き、少しずつ理解することができました。また、高橋先生から出される宿題がとても力になったと思います。宿題の量はとても多く大変でしたが、何度も繰り返し同じ問題を解くことで苦戦していた一般知能を克服することができました。また、他の科目で行き詰ったときも親身に相談にのって下さり、その科目に合った勉強方法を教えていただけたことで合格までたどりつけたと思います。
これから公務員を目指す方、東京アカデミーには熱意ある素晴らしい先生方がたくさんいます。先生からのアドバイスはしっかりと聞き、目標達成に向かって頑張って下さい。

 

亀岡健一朗さん(松山大学卒)
最終合格:内子町事務 

私は大学を卒業し民間企業で2年間働いた後、東京アカデミーに入校しました。アカデミーでの勉強を経て、公務員試験を受けるうえで大切だと感じたことは「素直な気持ち」と「強い意志」を持って取り組むということです。
私がアカデミーに入校した際、専門知識は全くなく、ゼロからのスタートでした。恥ずかしい話ですが、最初の数的処理の授業で円周の求め方を先生に質問され、答えられなかったことを今でも覚えています。
このような状況で私が心がけていたことは、安易に自分の勉強スタイルを作らず、素直な気持ちで言われたことをそのままやってみよう、ということでした。結果、最終合格するまで私は特別なことを一切やっていません。授業の復習と、恐ろしいほどの量の宿題をがむしゃらに取り組んでいるうちに、模試での成績が目に見えて上がっていき、本番の試験では自信を持って臨むことができました。言われたことをそのままやるというのは簡単なようで難しいことですが、これが出来ると公務員試験は誰でも合格できると思います。アカデミーの授業カリキュラムにはそれくらいのシステムが整っています。
また、アカデミーの強みは1次試験後の2次試験対策にあると思います。それぞれの自治体や試験に合った適切な指導をしていただけます。不安なことや分からないことがあれば、なんでも納得のいくまで質問しましょう。百戦錬磨の先生方がきっと解決に導いてくれます。皆さんも東京アカデミーと自分自身を信じ、「素直な気持ち」と絶対公務員になるんだという「強い意志」を持って頑張って下さい。

 

今城拓也さん(吉備国際大学卒)
最終合格:伊予消防

私は小さい頃から消防士になりたいという夢を持っていました。昨年の試験は不合格となり、自分に足りなかったものは何か自分自身を見つめ直し、松山校にお世話になることにしました。松山校では、同じ目標を持つ仲間も自然とでき、試験に向け集中できる環境で学習ができたと思います。またモチベーションが下がった時は、高橋先生がアドバイスをくれたり励ましたりしてくれました。
私はもともと頭が良いわけでも体力的に優れているわけではありません。しかし、消防士になりたいという気持ちは誰にも負けていなかったと思います。消防士になるために勉強やトレーニングをしていく中で気が付いたことがあります。それは「継続することの大切さ」です。継続して努力をすることで、できなかった問題が解けるようになり、出来なかったことが出来るようになりました。また「自分はこれだけやってきた」という自信にもつながりました。試験を受けるにあたって、知識をつけること、体力をつけることはすごく大事な要素だと思います。しかし一番大事なことは、自分にどれだけ自信を持てるかどうかだと思います。そういうことも教えてくれたのが松山校でした。
私は目標に向け精一杯努力した日々を胸に刻んで、市民の方々に信頼される消防士になれるようこれから努力し続けていきたいです。

 

日髙洸平さん(立命館大学卒)
最終合格試験:今治消防

私は大学を卒業後、半年間は自力で勉強していました。しかし思うようにははかどらず、苦手な数的処理や判断推理の勉強に苦戦していたため、8月から東京アカデミーに入会しました。講座の途中から参加ということで色々と不安もありましたが、先生方にしっかりとサポートしていただいたおかげで授業にもついていくことができました。授業では試験の傾向や大事なところを教えていただき、授業以外のところでも分からないことがあればいつでも親身に質問に答えてくださったので、徐々に点数が上がっていくのを実感することができました。また、東京アカデミーは自習室等の設備も整っているので、時間が少しでも空いているときはそこで復習をしっかりと行うことができました。同じ目標を持った仲間と刺激し合い、高め合いながらモチベーションを維持できたことも合格に繋がったと思います。一次試験後も二次試験に向けて面接や集団討論などの対策も充実しているので、積極的に参加することも大切だと思いました。

時には先が見えず不安になることもあるかと思いますが、最後まで諦めずに頑張って下さい。

 

清水里絵さん(宇和島東高校卒)
最終合格:西条市役所事務

私は高校時代、進学校に進んだものの学校のスピードについていけず、成績は3年間ほぼビリでした。その挫折を長く引きずり自信を失っていましたが、高校卒業後に公務員の臨時職員を始めて素晴らしい職員の方に出会い、「私もこの人たちのようになりたい!」という夢ができました。家族の支えもあり、約半年間働きながら自宅学習をしていましたが、試験間近の3か月前になって、急に自分の実力に不安を感じ、わらにも縋る思いで東京アカデミーの夏期講習の相談会に参加しました。その時に担当してくださった高橋先生でした。先生の言葉には他にはない真実味があり、相談会の後には入塾に対する迷いは一切なくなりました。
夏期講習が始まり、不安も少なからずありましたが、それまで自宅学習だった私にとって授業はとても楽しく感じられました。模試の点が伸びず、周りとの差に焦りを感じた時には、いつも高橋先生に納得のいくまで話を聞いてもらっていました。学習方法は、私の場合は先生が授業で「ここ大事!」とおっしゃったことをノートに箇条書きで書きとめ、一言も聞きもらさないつもりで授業を受けていました。自宅学習では、前日のノートをまとめ、暗記したり解き直したりと、授業の復習しかしていませんでした。とにかく先生に言われたことだけをやりました。
試験までの一年間は、やっと見つけた夢に向かって頑張れていることが嬉しく、その夢を応援してくれる場として、東京アカデミーは最高の場所であると感じました。その先生方も信頼のおける本当に熱心な方々です。試験合格まで支えて下さった皆さんには、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 

中田健一さん(内子高校3年生)
最終合格試験:大洲地区広域消防事務組合

本気で公務員を目指し、アカデミーに来て本当によかったと思っています。最初は、一般知能や数学などはペースが速く、追い付きませんでしたが、授業の後や授業中などは先生に質問すれば的確に優しく教えてもらえます。その日の課題はその日のうちに解消しておかなければ、次の日はまた進むのでとても大変でしたが、確実に実力がついているのが模試や小テストで分かることがとても嬉しかったので継続することができました。授業の雰囲気はとても静かで、本気で公務員を目指す気持ちがあるなら絶対にここへ来た方がいいと思います。アカデミーから配布された問題集や教科書はとても役に立ちました。

 

 TOPページへ

 

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

高卒公務員模試受付中

通信講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ