教員採用

旭川校講座案内

学校詳細

  • 〒070-0034 旭川市四条通8-1703-12 日本生命旭川四条通ビル8F
  • 0166-26-6990

北海道・札幌市 教員採用試験

7月25日(火)9:00~1次合格発表が出ました

2次検査は 8/4(金)、5(土)、6(日)です!!

2019年度採用(2018年夏受験)ガイダンス

第1回 2017.10.14(土)17:00~

第2回 2017.11.18(土)17:00~

第3回以降~未定 HPにてお知らせ致します。

北海道・札幌市教員採用試験についての動向・対策、入会に関するご相談など。個別相談も承ります。

※個別相談につきましては都合の良い日時で随時対応致しますので、予めお電話にてお問い合わせください。

2019年度採用(2018夏受験)対策講座

 

2019年度採用(2018年夏受験)

北海道・札幌市教員採用試験対策講座パンフレットは

9月中旬頃発行予定です。

パンフレットのご請求は9月中旬以降にお問い合わせください。

 

予告!! 2018年夏受験 北海道・札幌市教員採用試験対策講座

総合対策(北海道・札幌市小学校パーフェクトコース、北海道・札幌市中高レギュラーコース)開講日予定

10月開講日2017.10.22(日)

11月開講日2017.11.25(土)

4月開講日2018.4.7(土)

 

学習指導要領改訂のポイント ※文科省HP一部抜粋:旭川校構成編集

1.今回の改訂の基本的な考え方

○ 教育基本法、学校教育法などを踏まえ、これまでの我が国の学校教育の実践や蓄積を活かし、子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成。その際、子供たちに求められる資質・能力とは何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視。
○ 知識及び技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランスを重視する現行学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質をさらに高め、確かな学力を育成。
○ 先行する特別教科化など道徳教育の充実や体験活動の重視、体育・健康に関する指導の充実により、豊かな心や健やかな体を育成。


2.知識の理解の質を高め資質・能力を育む「主体的・対話的で深い学び」

★「何ができるようになるか」を明確化

知・徳・体にわたる「生きる力」を子供たちに育むため、「何のために学ぶのか」という学習の意義を共有しながら、授業の創意工夫や教科書等の教材の改善を引き出していけるよう、全ての教科等を、①知識及び技能、②思考力、判断力、表現力等、③学びに向かう力、人間性等の三つの柱で再整理。

★我が国の教育実践の蓄積に基づく授業改善

我が国のこれまでの教育実践の蓄積に基づく授業改善の活性化により、子供たちの知識の理解の質の向上を図り、これからの時代に求められる資質・能力を育んでいくことが重要。
小・中学校においては、これまでと全く異なる指導方法を導入しなければならないと浮足立つ必要はなく、これまでの教育実践の蓄積を若手教員にもしっかり引き継ぎつつ、授業を工夫・改善する必要。高等学校においては、共通性と多様性のバランスを重視し、学習の基盤となる国語、数学、外国語に共通必修科目を設定するとともに、理科の科目履修の柔軟性を向上させる。また、義務教育段階の学習内容の確実な定着を図るための学習機会を設けることを促進する。


3.各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立

○ 教科等の目標や内容を見渡し、特に学習の基盤となる資質・能力(言語能力、情報活用能力、問題発見・解決能力等)や現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力の育成のためには、教科等横断的な学習を充実する必要。また、「主体的・対話的で深い学び」の充実には単元など数コマ程度の授業のまとまりの中で、習得・活用・探究のバランスを工夫することが重要。
○ そのため、学校全体として、教育内容や時間の適切な配分、必要な人的・物的体制の確保、実施状況に基づく改善などを通して、教育課程に基づく教育活動の質を向上させ、学習の効果の最大化を図るカリキュラム・マネジメントを確立。


4.教育内容の主な改善事項

★言語能力の確実な育成

○発達の段階に応じた、語彙の確実な習得、意見と根拠、具体と抽象を押さえて考えるなど情報を正確に理解し適切に表現する力の育成(小中:国語)
○学習の基盤としての各教科等における言語活動(実験レポートの作成、立場や根拠を明確にして議論することなど)の充実(小中:総則、各教科等)

○国語をはじめ各教科等で批評、論述、討論などの学習を充実(高)

★理数教育の充実

○前回改訂において2~3割程度授業時数を増加し充実させた内容を今回も維持した上で、日常生活等から問題を見いだす活動(小:算数、中:数学)や見通しをもった観察・実験(小中:理科)などの充実によりさらに学習の質を向上
○必要なデータを収集・分析し、その傾向を踏まえて課題を解決するための統計教育の充実(小:算数、中:数学)、自然災害に関する内容の充実(小中:理科)

○近年の新しい科学的知見に対応する観点から指導内容を刷新(高)
○統計に関する内容を必修化(高:数学「数学Ⅰ」)
○知識・技能を活用する学習や探究する学習を重視(高:〔課題学習〕(数学)の導入、「数学活用」「理科課題研究」の新設等)
○指導内容と日常生活や社会との関連を重視(高:「科学と人間生活」の新設)

★伝統や文化に関する教育の充実

○古典など我が国の言語文化(小中:国語)、県内の主な文化財や年中行事の理解(小:社会)、我が国や郷土の音楽、和楽器(小中:音楽)、武道(中:保健体育)、和食や和服(小:家庭、中:技術・家庭)などの指導の充実

○歴史教育(世界史における日本史の扱い、文化の学習を充実)、宗教に関する学習を充実(高:地理歴史、公民)
○古典、武道、伝統音楽、美術文化、衣食住の歴史や文化に関する学習を充実(高:国語、保健体育、芸術「音楽」、「美術」、家庭)

★道徳教育の充実

○先行する道徳の特別教科化(小:平成30年4月、中:平成31年4月)による、道徳的価値を自分事として理解し、多面的・多角的に深く考えたり、議論したりする道徳教育の充実

○学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育について、その全体計画を作成することを規定(高)
○人間としての在り方生き方に関する学習を充実(高:公民「現代社会」、特別活動)

★外国語教育の充実

○小学校において、中学年で「外国語活動」を、高学年で「外国語科」を導入
※小学校の外国語教育の充実に当たっては、新教材の整備、養成・採用・研修の一体的な改善、専科指導の充実、外部人材の活用などの条件整備を行い支援
○小・中・高等学校一貫した学びを重視し、外国語能力の向上を図る目標を設定するとともに、国語教育との連携を図り日本語の特徴や言語の豊かさに気付く指導の充実

○高等学校で指導する標準的な単語数を1,300語から1,800語に増加
○授業は英語で指導することを基本(高:英語)

★体験活動の充実

○生命の有限性や自然の大切さ、挑戦や他者との協働の重要性を実感するための体験活動の充実(小中:総則)、自然の中での集団宿泊体験活動や職場体験の重視(小中:特別活動等)

○ボランティア活動などの社会奉仕、就業体験の充実(高:特別活動)
○職業教育において、産業現場等における長期間の実習を取り入れることを明記(高:特別活動)

 

5.その他の重要事項

★初等中等教育の一貫した学びの充実

○小学校入学当初における生活科を中心とした「スタートカリキュラム」の充実(小:総則、各教科等)
○幼小、小中、中高といった学校段階間の円滑な接続や教科等横断的な学習の重視(小中:総則、各教科等)

★主権者教育、消費者教育、防災・安全教育などの充実

○市区町村による公共施設の整備や租税の役割の理解(小:社会)、国民としての政治への関わり方について自分の考えをまとめる(小:社会)、民主政治の推進と公正な世論の形成や国民の政治参加との関連についての考察(中:社会)、主体的な学級活動、児童会・生徒会活動(小中:特別活動)
○少子高齢社会における社会保障の意義、仕事と生活の調和と労働保護立法、情報化による産業等の構造的な変化、起業、国連における持続可能な開発のための取組(中:社会)
○売買契約の基礎(小:家庭)、計画的な金銭管理や消費者被害への対応(中:技術・家庭)
○都道府県や自衛隊等国の機関による災害対応(小:社会)、自然災害に関する内容(小中:理科)
○オリンピック・パラリンピックの開催を手掛かりにした戦後の我が国の展開についての理解(小:社会)、オリンピック・パラリンピックに関連したフェアなプレイを大切にするなどスポーツの意義の理解(小:体育、中:保健体育)、障害者理解・心のバリアフリーのための交流(小中:総則、道徳、特別活動)
○海洋に囲まれ多数の島からなる我が国の国土に関する指導の充実(小中:社会)

★情報活用能力(プログラミング教育を含む)

○コンピュータ等を活用した学習活動の充実(各教科等)
○コンピュータでの文字入力等の習得、プログラミング的思考の育成(小:総則、各教科等(算数、理科、総合的な学習の時間など)

★部活動

○教育課程外の学校教育活動として教育課程との関連の留意、社会教育関係団体等との連携による持続可能な運営体制(中高:総則)

★子供たちの発達の支援(障害に応じた指導、日本語の能力等に応じた指導、不登校等)

○学級経営や生徒指導、キャリア教育の充実について、小学校段階から明記。(小中:総則、特別活動)
○特別支援学級や通級による指導における個別の指導計画等の全員作成、各教科等における学習上の困難に応じた指導の工夫(小中高:総則、各教科等)
○日本語の習得に困難のある児童生徒や不登校の児童生徒への教育課程(小中:総則)、夜間その他の特別の時間に授業を行う課程について規定(中:総則)

 

(旭川校教員採用試験担当/阿部より)

学習指導要領改訂により、今後より一層求める教師とは以下に揚げる知識・技能・指導ができる人材であると考えられます。もちろん、1次試験で教養試験、専門試験の高得点を取ること、2次試験で模擬授業、集団討論の好評価を取ることが教員採用試験合格の大前提です。

1.小学校で外国語指導ができること

2.コンピューター指導ができること

3.障害に応じた指導ができること

4・日本語の能力等に応じた指導ができること

5.不登校など生徒指導に応じた指導ができること

6.学習上の困難に応じた指導ができること

 

教員を目指す受験生の皆さん、一生懸命に努力していきましょう!

2018年夏受験に向けて東京アカデミー旭川校では、今後求められる教員の資質向上と採用試験合格に必要な知識力、実践力を総合的に高めていきます。

詳細は9月中旬頃発行の、2019年度採用(2018年夏受験)パンフレットをご覧ください。

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2次試験講習

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ