公務員(高卒)試験案内

outline

国家公務員 気象大学校学生

人事院「国家公務員試験採用情報NAVI」

受験資格

  • i ) 試験年度の4月1日において、高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者及び試験年度の3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
  • ii ) 人事院が i )に掲げる者と同等の資格があると認める者

仕事の内容

気象庁の幹部候補生を養成するために、気象に関する専門的知識・技術などについて気象大学校で4年間の教育を受けたのち、気象庁又は全国各地の気象台などに配属され、観測・調査・予報・研究などの気象業務に従事します。

ページトップへ

試験の内容

試験 試験種目 解答題数
解答時間
配点比率 内容
第1次試験 基礎能力試験
(多肢選択式)
40題
1時間30分
3/12

公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験

知能分野 20題
文章理解 7題
課題処理 7題
数的処理 4題
資料解釈 2題
知識分野 20題
自然科学 5題
人文科学 9題
社会科学 6題
学科試験
(多肢選択式)
39題
3時間
3/12

数学、英語及び物理についての筆記試験

  • 数学 13題
  • 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る)
  • 英語 13題
  • コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ
  • 物理 13題
  • 物理基礎
学科試験
(記述式)
  • 数学
    1時間20分
  • 物理
    1時間20分
  • 英語
    1時間20分
6/12

数学、英語及び物理についての筆記試験

  • 数学 2~5題
  • 数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る)
  • 物理 2~5題
  • 物理基礎、物理
  • 英語 2~3題
  • コミュニケーション英語Ⅰ、コミュニケーション英語Ⅱ
作文試験 1題
50分

(注)

文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

第2次試験 人物試験   人柄、対人的能力などについての個別面接
(参考として性格検査を実施)
身体検査   主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、その他一般内科系検査

(注)第1次試験の合格は基礎能力試験、学科試験(多肢選択式)及び学科試験(記述式)の結果によって決定。作文試験は第1次試験合格者を対象として評定した上で、最終合格者の決定に反映。

ページトップへ

DATA

平成28年度 気象大学校学生採用試験 実施結果
申込者数 第1次試験
受験者数
第1次試験
合格者数
最終
合格者数
倍率
373 301 89 64 4.7
平成28年度 第1次試験(択一式)の平均点等(人事院発表)
試験種目 満 点 基準点 平均点 標準偏差
基礎能力試験 40 12 23.952 5.312
学科試験(多肢選択式) 39 16 25.633 7.759

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

2018年度試験対策講座受付中

2018年公務員模試

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ