公務員(高卒)試験案内

outline

地方公務員 警察官(高卒程度)の仕事・試験概要

仕事の内容

写真【警務部門】
けん銃・パトカー・白バイ等の警察装備の管理や警察施設の管理、人事管理・広報活動・採用試験に関する事務などの警察組織を円滑に動かす総務的な仕事を行います。
【刑事部門】
殺人・強盗・傷害・放火・窃盗などの事件や横領・詐欺などの犯罪の捜査を行います。
【外勤部門】
派出所・駐在所に勤務し、警ら活動・交通指導・少年補導、交通指導取締りなどを行います。大多数の警察官が配属されている地域密着の職務です。
【防犯部門】
少年非行や覚せい剤の取締り、売春・風俗営業・密貿易・麻薬等の捜査を行います。
【警備部門】
犯罪予防のための警備や資料の作成、災害などの警備警戒、公安を害する犯罪の予防、国内外の要人に対する警備を行います。
【交通部門】
交通事故防止のための交通安全教育・事故分析を行ったり、パトカー・白バイに乗務した交通違反の取締りを行います。また、運転免許試験に関する業務なども行います。

ページトップへ

INFORMATION

【受験資格】
各都道府県によって異なります。
【受験受付期間/試験日/発表日】
各都道府県によって異なりますが、おおむね9月中旬~10月中旬にかけて第一次試験が実施されます。
【合格から採用まで】
最終合格者は、各都道府県が作成する採用候補者名簿に記載され、欠員状況を考慮の上採用されます。採用されると、一定期間警察学校に入校し、全寮制のもと警察官として必要な知識・技能を修得します。
【警察学校(警視庁の場合)】
合格すると警察官採用候補者名簿に登載され、その中から原則として4月1日以降、順次採用されます。採用後は、全寮制の警察学校で警察官としての第一歩が始まります。教科内容は、一般教養、法学、警察実務、術科に分かれており、その他体育祭、文化祭などの学校行事や情操教育、そして各種クラブ活動など、幅広いカリキュラムが組まれています。警察学校での10ヵ月間(あるいは6ヵ月間)、警視庁警察官にふさわしい知識と技術、さらに体力・気力や人格形成に及ぶまで教育・訓練を受けることになります。
警察学校の一日(例)
6:00 起床
6:30 点呼
7:00 朝食
8:30 朝礼(ホームルーム)
9:00 授業(1・2時限)
11:55 昼食(昼休み)
13:00 授業(3・4時限)
16:10 課外授業(学級活動など)
17:15 自由時間(入浴・夕食など)
22:30 点呼
23:00 就寝
科目 内容
一般教養 職務倫理、国語、一般教養、英会話、OA実習など
法学 憲法、行政法、刑法、刑事訴訟法など
警察実務 警務一般、生活安全警察、刑事警察、交通警察、警備警察、その他実務に関する知識
術科 体育、柔道または剣道(女性は、これに合気道を加えた中から選択)、逮捕術、救急法、けん銃操法など
その他 実務修習、卒業旅行ほか各種行事
【女性警察官試験】
女性警察官の採用試験は、全道府県と警視庁で必ず実施されるわけではなく、毎年実施するところ、不定期に実施するところに分かれています。

共同試験制度について

警察官(男性)の試験では、受験者が志望する都道府県まで出向くという不便さを解消するため、多くの県で共同試験を実施しています。これは複数の県が共同して1つの試験を行うもので、受験者は第2志望まで(県によっては第3志望まで)選択できるようになっています。

A県はB・C・Dの3県と共同試験を実施

A県を第1志望、B県を第2志望として受験

A県不合格で、B県合格

ということもあります。

ページトップへ

試験の構成

【第一次試験・第二次試験】
教養試験、作文試験、適性(性格)検査、面接試験、身体検査、体力検査、などが実施されます。教養試験は第一次試験として実施されますが、あとは各都道府県ごとに構成は若干異なります。

ページトップへ

傾向と対策

教養試験

各都道府県によって異なりますが、50題・120分とするところが比較的多くなっています。
[例]愛知県警察官 一般知識分野25題・一般知能分野25題

一般知識 一般知能










 





 





 

 

 

 

 















5 3 2 2 2 3 0 1 2 2 2 1 9 4 3 7 2 50
適性検査
警察官試験で行われる適性検査は、国家一般職(高卒者)などで行われる試験とは異なり、性格検査のところがほとんどです。性格検査は、クレペリン検査(数字の足し算)、YG検査(質問事項に対しYes、No、どちらでもない、で答える)がほとんどです。変わっているところは警視庁で、クレペリンとPPI(6題ぐらいの短文質問に対し3行ぐらいで回答)を課しています。
漢字試験
警視庁などは、漢字の読み・書き試験を課しています。警視庁の場合は、読み・書きを30題ずつ60題、合計20分で実施され、合格基準は約50%と推測されます。
面接試験
事務系職種の試験に比べ警察官試験では面接試験で不合格になる人の割合が高く、それだけ人物本位の試験ともいえます。面接試験はだいたい1対3の個別面接で行われます。  質問内容は、「どうして警察官になりたいのか」という志望動機が中心で、その他「友人について」「休日の過ごし方」「クラブ活動」「高校時代」「家族のこと」「自分の性格」「趣味・スポーツ」など、多岐にわたってつっこんだ質問を受けます。
作文試験
【課題例】
「人のために役に立ったこと」
「私の警察官像」
「人の暮らし方について」
「最近のニュースについて」
「ルールとマナーについて私達が考えること」
「社会人として大切なこと」
「青年、自覚、責任の3文字を使って」
「交通事故防止について」
「私の趣味」
「私が警察官を職業として選んだ理由」
※おおむね制限時間60分~90分、字数600字~1000字程度。
身体検査・体力検査
身体検査は2回に分けて行われ、第1回は身体基準に適合しているかどうか、第2回は医師による精密検査がほとんどです。  体力検査は、四肢関節等諸機能が正常であるかどうかを見るものと、筋力・瞬発力などを見るものとがあります。
身体基準
体力試験として、腕立て伏せ、反復横跳び、上体起こし、握力、バーピーテスト、1500m走(急歩)などを行います。
また、体力検査とは別に、身体検査(要件)が男性・女性別にあります。この際に身体基準に適合しているかどうかも確かめます。
警視庁では以下の通りです。
【身長】男子:おおむね160cm以上、女子:おおむね154cm以上
【体重】男子:おおむね48kg以上、女子:おおむね45kg以上
【視力】裸眼視力が両眼とも0.6以上、又は矯正視力が両眼とも1.0以上であること
【色覚/聴力】警察官としての職務執行に支障がないこと
【疾患】警察官としての職務執行に支障がないこと
【その他身体の運動機能】警察官としての職務執行に支障がないこと

資料請求はこちらから

ひと目でわかる!全校開講講座一覧

全国公開模擬試験

夏期総まとめ講座受付中

イベントカレンダー

event calendar
 

ページトップ